クラブEKO

 
  • フォントサイズを増やす
  • デフォルトのフォントサイズ
  • フォントサイズを減少させる
Home クラブEKO フェステイバル 響きあいのフェスティバル

響きあいのフェスティバル

響きあいのフェステイバル'98 in Gotanba


1992年から1年おきに来日したスウェーデンのロックグループ「EKO」は、各地で地元のグループと共演をしました。各地には既にいろいろなグループがありそれぞれの活動を行っていましたが、「EKO」の来日公演の度にその数も増え、またパフォーマンスやそのスタイルも多様になってきました。
「全国の音楽・舞台芸術グループが集まって、大コンサートが出来ないだろうか?」やがて、仲間たちの間からそんな声も生まれ、「EKO」をゲストに迎えてのフェスティバルが計画されました。

全国のグループが1個所に集まってのコンサートは、1日のステージでは実質的には不可能です。今まで「EKO」と共演したグループだけでも優に30を超え、また新しいグループも沢山生まれています。そこで、参加グループを公募することになりました。実行委員会が東京に設置され、何回もの会合を行いながら、準備が進められました。

クラブEKOの賛同人の一人でもある小室 等さんの司会で始まったステージ。「響きあいのフェスティバル」は、生憎の雪空にもかかわらず集まった観客との熱い交流の中で大成功に終わりました。

フェスティバルは、そこに集う全ての人によって作り上げられます。準備をすすめる人、ボランティアで会場のお手伝いをする人、切符の販売に駆けずり回る人、広告を集める人、資料を作る人・・・、そして、もちろんステージに立つ人も観客も、みんなフェステイバルを支える人たちです。みんなが「やって良かった」と感ずる時、そのイベントも成功したと言えるでしょう。「響きあいのフェスティバル」は、そんなイベントでした。




 

 

オンライン状況

現在
 ゲスト 71 人
 がオンラインです