クラブEKOと、その始まり!

1992年の3月に、僕らスェーデンの「ロックグループEKO」が初めて日本を訪れ、日本公演ツアーを行いました。

日本人の僕を除いたメンバーとスタッフは、もちろん日本については全くイメージがなく、また迎える日本の人たちも…障害を持つ人が中心のロックグループといっても、それがどんなものか見当がつかない…というところでのスタートでした。

その時は、大阪を手始めに全国10都市を7週間で回りましたが、どこでも会場は大きいところで、主催者側の皆さんも採算が合うかどうか分からず…全く手探りの状態で、とにかくいろいろな団体が懸命になって協力し合い、結局はどこの街でも公演は成功に終わりましたが、公演が終わった後の打ち上げはいろんな団体やボランティアの人たちが集まって、本当に感動的なものでした。

この感動は、単に公演が成功だったということよりも、今までそれほど交流がなかったり、中には反目しあっていたような団体同士が、公演のために一緒になって協力し合ったこと、そしてそれが成功して喜びを分かち合えたことから生まれたんだと思います。

1992年といえば、ちょうど国連の「障害者に関する世界行動計画10周年」の最終年にあたり、日本でも全国各地で大掛かりなイベントが計画された年でもありますし、また日本では90年代を迎えて、「施設から地域での福祉へ」という動きや、ノーマライゼーションという言葉や概念が社会に広がり始めた時期でもありました。

そのため、この年はいろいろな企画が計画されましたが、「ロックグループEKO」の日本公演も、大阪で行われた「とっておきの芸術祭」というイベントにその一環として招聘されたわけです。

そういう経過の中で、招聘元であった奈良市の法人「たんぽぽの家」のネットワークによって、各地でイベントが企画され注目が集まっていました。

今までイベントというのはたくさん行われてきましたが、今回は海外から総勢20数人の大きなグループの招聘とあって、予定された会場も各地の公民館や大きな会場で、採算が合うためにも会場はそれこそ満席にしなければなりません。

ところが、肝心の「スウェーデンからの知的障害者のプロのロックバンド」と言っても、今まで誰も見たことも聞いたこともなく、要は「取らぬ狸の皮算用」でチケットの販売と観客確保をしなければならない状況でした。

そのため、公演が赤字になれば、「誰それの自動車を売る!」とか、「全員でお菓子の販売をやる」とか議論された開催地もあったということも聞きました。

また、今までこれほど大掛かりな企画も少なかったため、いろいろな団体が連携してイベントを立ち上げることはなかったのですが、ひとつにはイベントの採算が取れるようにということと、二つ目には、今まであまり陽の目を見ることのなかった障害者についての関心を、この機会に市民や行政に訴えたいという障害者の各種団体の要望や期待もあって…

企画を成功させるために、普段はあまり同じ企画を共同で作業しない施設の団体と家族や親の会の団体、あるいはその頃はまだ少数ではありましたが当事者の団体など、いろいろな団体が共同作業を行い、結果的には、それがそれ以降の障害者の運動に良い体験と影響をもたらすことになったわけです。

翌年の93年には、スウェーデンの知的障害者と交流する研修ツアーが行われ、また当時EKOのリーダーでEKOデイセンター所長でもあった僕も日本を訪れ、スウェーデンの福祉や音楽療法などについてのワークショップや講演を行うようになりました。

このように公演ツアーをきっかけに日本とスウェーデンの交流も深まり、その度に、スウェーデンの福祉の様子もより早く日本に伝わるようになると共に、日本での障害者福祉についての課題や展望などについて、交流の中で話されるようになりました。

翌年の1994年には第2回目のEKO日本公演ツアーが行われましたが、初回の公演ツアー以来のいろいろな交流の中で、当時の日本の障害者福祉の状況の中から、お互いに共感するものを、さらに広く、深く話し合う場を持ち、またそれぞれの想いを実現していきたいという声が聞こえるようになりました。

そして、96年年の公演ツアーで行われた伊勢市の公演で共演したグループ「まんどろ」のリーダーであった吉田豊さんをはじめ、東京都多摩市の島田療育センターや横浜市の惠和館、御殿場市の御殿場コロニーの職員や音楽グループのスタッフ、また松江市の音楽グループのスタッフなどの協力を得て、さらには、当時の障害者福祉に関わる様々なジャンルの人たちの後押しを受けながら、1995年に「響き合いのネットワーク クラブEKO」がスタートしました。

その後の活動の様子、また現在の状況については、別コーナーに寄稿します。

スウェーデンハンドセラピーについて

スウェーデン発祥のマッサージ

スウェーデンでは1960年代に、未熟児のケアの中で、未熟児に手で触れることによる発育が顕著であったことに着目したマッサージの手法が開発され、その後、障がい児のケア、またがん患者の終末期における緩和ケアや高齢者ケア、認知症ケアでの実践へとその領域が広がっていきました。

このマッサージは、スウェーデンでは「タクティール・マッサージ」と呼ばれていますが、単に「タクティール」あるいは「タクティール・タッチ」また「タクティール刺激」などと、いろいろな呼び方がされています。

また日本では、「タクティール」の他に「ハプティック」とも呼ばれることがありますが、ここでは「スウェーデンハンドセラピー」としてご紹介していきます。

「触れる」マッサージと、その効果。

スウェーデンハンドセラピーは、筋肉や深い組織を揉みほぐすのでなく、皮膚を撫でるように柔らかく触れる「ハンドマッサージ」です。

触覚神経を刺激することで「快適ホルモン」とも言われるオキシトシンの分泌が促され、それにより穏やかさと安心感をもたらし、施術する側と受ける側との間に、親密感と信頼感が生みだされます。

また、スウェーデンハンドセラピーは「痛みの緩和」に貢献することも実証されています。

そのためスウェーデンでは早くから、がんや認知症などの緩和ケアの一環として、痛みの緩和に「代替医療行為」として使われて来ました。

この他にも特徴付けられる効果として、硬直した筋肉の緩和があります。

手が硬直している場合に、今まで開くことが難しかった手がマッサージの途中から硬直が緩み、終わる頃には手が柔らかくなり開くのが容易になることが往々にしてあります。

さらに、睡眠状況の改善や便秘の改善といった身体への働きかけだけでなく、施術によってもたらされる穏やかさや安心感は精神的な症状にも働きかけ、「落ち着き」が得られます。

その他にも触覚神経が刺激を受けることで、自分の身体領域を確認・認識・再認識することにも繋がります。

手当て」と、「ふれあい」のコミュニケーション

私たちは、昔から「手当」という言葉を使って来ました。

「お医者さんから手当を受ける」というように、お医者さんの手で触れられることで、身体が癒されるということ、

そしてお医者さんの立場では、「手で触れること」で身体の様子や反応で検診が出来、治療にもなるというわけです。

「手当」と言えば、昔から私たちは、誰から教わるまでもなく、体のどこかに痛みがあると、息を吹きかけたり手で摩ったりします。

幼児が転んだりして膝や手を打とうものなら、そこにフッと息を吹きかけ、「さぁ、もう大丈夫!」などと言ったりします。

しかし、これは「ただのおまじない」でも何でもなく、「撫でる」ことは実際に痛みの緩和にも繋がることが医学的にも証明されています。

このように、「触れる」ということは癒しにつながりますが、それだけではありません。

ハンドセラピーは、受け取る側と行う側との間に、親密感と信頼感を生みだします。

「ふれあう」ことで生まれる、コミュニケーションです。

看護や介護ケア職員にとっても、ケアの現場で、利用者や患者さんが、この「手当て」や「ふれあい」によって「心地よいケア」を感じることで、利用者や患者さんとの間の貴重な「架け橋」となることができます。

このため、利用者にとっても職員にとっても、一つの有効な「コミュニケーションの手段」として、現場での環境づくりやQOLの向上に大いに貢献しています。

QOLの向上

スウェーデンハンドマッサージは、特に認知症や障がいを持つ人など、周りとのコミュニケーションに困難を抱える人には、

「自分が慈しみを受けている」、「今、人に認められている」という意味合いを感じることで自意識の向上に繋がり、その結果日常的な生活のQOLの向上に繋がります。

訪問看護や介護などの場合、

ハンドマッサージは利用者や患者さんに喜ばれるため、看護や介護の場合の一つのスキルとして、良好な職場環境の向上にも役立ちます。

スウェーデンでは、幼稚園児同士が午前中にお互いに背中のマッサージをすることで児童同士の関係が穏やかになり、昼寝もスムーズにいくなどの効果も挙げられ、さらに小・中学校など学校教育の中でも、生徒同士の関係改善や集中力の向上という意味で取り上げられています。

さらに、ストレスの多い医療や福祉分野の現場では、職員同士がハンドセラピーを行い、「ケアをする人のケア」ということでも効果を示しているなど、様々な現場で取り入れるようになりました。

日本ではまた、親と子どもの間や高齢な家族との繋がりの中で、新しい形の関係作りやコミュニケーションを促す手段として期待されています。

スウェーデンハンドセラピーの実践

スウェーデンハンドセラピーは、手と足、背中のマッサージで構成されています。

手と足のマッサージでは一般的にオイルを使いますが、背中などは服の上からもできます。

マッサージによる体内でのオキシトシンの分泌は約10分でマックスに到達しますので、マッサージは背中、また手と足もそれぞれ約10分間行います。

マッサージの場所は、床やベッドの上あるいは車椅子上など、状況に応じて対応出来ます。

スウェーデンハンドマッサージでは「包み込む」という概念がよく使われ、そのため一般的にはタオルを使用します。

オイルとタオルはこの「包み込む」感覚のために大切な備品ですが、

一番大切なのは「手で触れる感触」と、受ける側が感じている感触を感知する「心遣い」と言えるでしょう。

スウェーデンハンドマッサージの手法の習得

平成22年6月に、スウェーデンハンドセラピーの普及と教育の運営を担うために、「一般社団法人 スウェーデンハンドセラピー協会」が発足しました。

スウェーデンハンドセラピーの手法は、協会認定のインストラクターによる講座を受けることで習得できます。

そのため協会はスウェーデンハンドセラピーの講座(2日間)を開催し、講座終了後には修了証が授与され、また多くのインストラクターが認定されました。

講座は全国的に開催され、大勢の人がその手法を習得して、病院や訪問看護ステーションなどの医療や、高齢者や障害者の施設、また児童ケアの分野で日常的にハンドセラピーの施術を行っています。

その後、「一般社団法人スウェーデンハンドセラピー協会」は発展的に解消しましたが、セラピーの継続を願う有志が集まり、現在は任意団体である「スウェーデンハンドセラピー協会」として、その発足に向けて準備中です。

参照:スウェーデンハンドセラピー協会
https://sweden-handtherapy.com/

「ふれあい」と「手当て」、そして融合!

私たち日本人は、いろいろな意味で人や社会での「ふれあい」を大切に、また人とのケアの場面では「手当をすること」を大切にしています。

スウェーデンハンドセラピーは、正にこの「ふれあい」と「手当」を融合するもので、また、スウェーデン生まれのこのケアは、その精神を体現する手法です。

この「ふれあい」と「手当」を大切にする日本で、多くの人がスウェーデンハンドセラピーの手法を習得して、福祉の現場や地域での生活の中で広がっていってほしいものです。