ストックホルムの誇り「ヴァーサ博物館」

ストックホルムは、美術館・博物館の数が人口で比較すると世界一多い…と言われています。

大きな歴史博物館や北方博物館、それにモダンアートの美術館の他にも…音楽博物館や軍事博物館、さらには鉄道や郵便の博物館など…
「えっ、こんなものまで?」という博物館なんかありますから…。

その中でもヴァーサ博物館は、ストックホルム市が世界に誇る博物館と言っても過言ではないでしょうね。

なにせ、ここに展示されているヴァーサ号は世界で唯一現存する17世紀の船舶で、原形の95パーセント以上が保持されており、

数百もの彫刻に彩られたヴァーサ号は他に類をみないユニークな芸術品で、世界有数の観光名所となっています。

9つの展示場、豊富なグッズのショップや、一流のレストランも備えていて、ヴァーサ号に関するビデオ上映も16ヶ国語で視聴可能であるとか…

ヴァーサ博物館は、スカンジナビアの博物館の中でも最多の来館者数を誇り…僕の知っている限り…日本の皇族とそのご家族も、度々ご訪問されています。

僕自身、いろんな機会で何回も行っていますが、何回行っても飽きない…。
何よりも、このヴァーサ号にまつわるいろんな話がユニークなんですよね。

時は1626年…
当時のスウェーデン国王グスタフ2世アドルフの…
「世界最大・最強の軍艦を作れ!」
という命令によって起工したこの軍艦…

当時のスウェーデンは、ヨーロッパでも大国の一つで、しかも、バイキング時代からの海運国。

おまけに、当時のスウェーデンは世界最大級の鉄の産出国で、大砲などの武器の製造においては、現在に至るまで、その質量ともに世界でも有数な国の一つです。

正に「国を挙げての建造」が始まった…

当時も優秀な造船技術を持っていて、もともと砲甲板は一層の予定だったけど…
海洋王国を誇示したい国王の命令で、建造途中で二層に増やされ…結局は無理な構造になってしまい、さらに重武装だったために…極端にトップヘビーな艦になってしまった。

それでも、1628年8月の波が穏やかな日に初航海に出たんですが…

マストに帆をいっぱいに張って、1,300mほど帆走した地点で横風を受け、船の上が重いため復原性が低かったので、そのまま横転して…

150名の乗組員のうち30~50名を道連れに、海底へと沈没。

すぐに引き上げが試みられて、大砲や貴重品は1664年までにはほぼ回収できたんですが…

船体の回収にはことごとく失敗し、海底に沈んだ状態で放置されて、この後ヴァーサ号が再び出現するまでには、実に333年もの年月を要することとなったというわけ。

1950年の初頭に、民間の研究家であるアンダース・フランツェンがヴァーサ号の探索を開始して、1956年にヴァーサ号を引き上げを行って以来… 数年に及ぶ準備作業の末、ヴァーサ号は1961年4月にその姿を海面に現しました。

そのままでは、保存処理を怠れば木材はひび割れ、朽ち果ててしまうので…それ以降、専門家によって適切な保存方法が考案されるまでの間、ヴァーサ号には水が噴射されました。

その後防腐剤として、水溶性の蝋製品や、ポリエチレン・グコールの噴射が数年に渡り続けられ…現在に至ったわけです。

このヴァーサ号を観て圧巻されるのは、復元された700点もの彫刻品を含む14,000点以上の木製品ですね。

17世紀の軍艦というのは、戦時に使用されるだけでなく、宮殿を遊走することもあったと言われます。

引き上げられた彫刻には、メッキ材や塗料の跡が残されており…
彫刻のモチーフは、ライオンや聖書の英雄たち、ローマ皇帝、海獣とか、ギリシャ神など…スウェーデンの君主の栄光を称え、君主の威信と文化を礼賛するためのものだったので…
とにかく豪勢というか豪華というか…

博物館にはこの他、引き上げ作業とか当時の工具や船内の様子、さらには当時の市民の姿なんかも展示されて、それこそ…当時のスウェーデンが偲ばれます。

ストックホルムを訪れるなら、見るところはたくさんありますが、このヴァーサ博物館を訪れるのも、一生の思い出になること請け合いです。

ちなみに…ですけど、それほどの軍艦が沈没してしまったけど、設計者も工事担当者も…誰も罰せられなかったとか…

建造中に変更を命じたのは、誰であろうスウェーデン国王その人だったので…誰も責任追及はしなかったという話です。

景色としてもユニークなヴァーサ博物館、やっぱり訪れるのなら、夏ですかね…。

水の都ストックホルムの、「もう一つの顔」ということで…。

税金の話

日本でよく聞かれることに、「スウェーデンって、税金が高いんでしょ?」というのがあります。

特に、消費税のことが話題となるたびに、スウェーデンでは消費税が25%ってことで日本と比較して話題になることが多いですけど、

僕がよく聞かれるのは、「スウェーデン人って、文句を言わないの?」ってことですね。

僕はそう聞かれると、大概は、「あまり文句を言わないですね…」って答えるんで、「へ〜」と、みなさん怪訝な顔されます。

まぁ、僕は日本人なので、スウェーデン人に聞く方がわかりやすいし、本当のことが聞けると思って、日本の人がスウェーデン人に聞くと、

「いや、福祉を支えるために必要だ」とか、「得るものが大きいから、当たり前」とか言うのが普通で…中には、「もっと払っても良いと思ってる」なんて言う人もいるらしい…。
もっとも、これはスウェーデン人が外国人に聞かれた時に平均的に答えることなんですけど…

こっちにいて税金のことが話題になると、

特に若い世代は、今はEU間では自由に就業が出来るんで、税金の安い国で働きたいと思っている人が多い…ということも聞くし、

また、特に最近は移民や難民の問題もあるんで、「税金の多くが、移民政策に使われている」という不満も多くなって来ているみたいです。

でも、これは税金が高過ぎるということではなく、むしろ税金の使われ方の問題だと思うんですよね…。

そもそも、一般の市民って、正直、「税金を払い過ぎ」って実感があまりないと思いますね…。

なぜって、

給与をもらう時はもう既に税金引かれてるし、消費税だって、ものの値段に含まれてるから、「消費税がいくら…」なんてあまり考えない。

「商品の値段は、それ!」です。

税金として、僕らが実際に払うとわかっているのは、所得税と消費税だけですかね…

もちろん、メッチャ高い酒やタバコ税とか、車とか贅沢品とか…生活の必需品以外にかかる税金というのはあるけど、普通はそんなもんです。

なので…税金自体は怖くもなんともないけど、でも収入があるほど税金も高くなるんで、収入の申告は、みんな気をつけてます。

この税務署のロゴがついた郵便がくると、一応は「ギクッ!」としますからね。

税金の額はというと…

所得税として払うのは、各自治体に平均して約30%、消費税は、普通は25%。
所得税は軽減税率が導入されてるんで、食料品や宿泊費は12%、公共交通、書籍・新聞、コンサートやスポーツのチケットなどは6%。

なので、全部が25%じゃなく、生活の結構多い部分では、実際には、そんなにかからない。

…と、まぁこう説明しても、「実感としてはどうなのよ?」というのがよく見えないので、わかりにくいのは確かでしょう。

僕、ある時日本で、当時の在日本スウェーデン大使に…

「オターキさん、あなた…日本で、スウェーデンの税金ってどう説明してる?」
って聞かれたことあるんですよ。

大使曰く、

「日本で税金のことよく聞かれるけど、説明しても、中々わかってもらえない」ってこぼしてました。

で、僕が説明した「説明の仕方」ですけど…
例えば…僕の給料が1万円とします。

で、雇用主は僕に1万円の給料出すのに、45%の雇用税を国に収める。
これが失業保険とか健康保険とかに使われる。
もちろん国防費とかも…ね。

つまり、僕に1万円の給料を支払うために、雇用主は4500円を国に支払ってるわけです。

僕の給料の1万円からは、自治体への住民税として3000円が引かれて、それは、福祉サービスに使われる。

なので、僕には、1万円から3000円引かれた7000円が手取りとして残ります。

ということは、僕の給料1万円に対して…

雇用主が国に支払う4500円と、僕の住民税として引かれた3000円の合計7500円が税金となっていて…僕は、その手取り7000円をもらって、25%の消費税を払って暮らしている…という具合です。

そうすると、僕が1万円の給料をもらうことで、実に7500円の税金が国と自治体に行ってるってわけですよね。

1万円の給料で税金が7500円というと、そりゃ …とてつもなく高い税金に聞こえるでしょう。
加えて、生活していく上で消費税が25%…

と考えると…税率としては何パーセントになるか計算も難しいんですけど、
「うわ〜、ほとんどが税金じゃん!」と、日本の人が思うのもわかりますね…

でも、僕が生活する上での実感としては、雇用主が払う4500円というのは、もともと雇い主が払うもんだし、住民税だって、初めから引かれてる。
なので、実感的には、1万円の給料で、手取りが7000円としか思えません。

僕が「高い給料が欲しい」と思う時は、手取りの7000円がもっと増えて欲しいと思うだけですから、「税金がもっと下がって欲しい」じゃなくて、「もっと手取りが欲しい」になるんで、あまり税金のことは考えないってことです。

それと…スウェデンじゃ、

・水道料は無料。
・教育費は大学まで含めてすべて無料。
・医療は18歳以下と85歳以上は無料。
・成人の診察料は自己負担で、年間で最大約1万3000円。
・薬品代が、年間2万5900円以上は無料。

なので、暮らしにそんなにお金がかからんし、家庭を持っても、教育費は無料ですからね。


幼稚園


中学校

大学

大学は無料といっても、これは授業料で、書物なんかは自己負担ですけど、
入学金なんてものは、もちろんないです。

それに、ほとんどの学生は学生組合から奨学金をもらって、学生寮やアパートで
暮らしてます。

なので、日本のように「親のスネかじり」とか、親からの「仕送り」なんて皆無に近い。

だって、子どもが18歳過ぎると大人として扱われるので、親も経済援助はしないし、学生も、生活に困るといろんな補助金が出るので、親のスネかじる必要もないですから…

スウェーデン人が税金に対して文句を言わない理由の一つに、多くの人が「政府(国)を信用してる」というのがあると思います。

文句を言いたい人は、そりゃいるでしょうが、そんな時に有効なのは、やっぱり選挙でしょう。

スウェーデンの選挙の投票率は80%以上だし、若い世代ほど投票率も高い傾向にあるので、「文句」は、当然選挙に表れますから、いろんな政党も、当然世論を意識した政策を出していかなきゃならないですからね。

みんなが「税金が高すぎる!」と思ったら、そりゃ大幅な減税を主張する政党が勝つでしょうけど、実際はそうもならないですね。

最近の選挙の後で、長らく首相が決まらないという状況が続きましたけど、

これも、スウェーデンには、いろんな意見があって、それぞれ同じような数の支持者があるってことでしょうけど、税金の問題でもない。

やっぱり「高税高福祉」ってことでは、右も左も基本的には同じですし、
要は、税金の使い道の考え方の問題なんだと思います。

はい、「高税だけど、税金が高いとは考えない」…という話でした。