平等と公平の話…

ずいぶん前になりますが…

スウェーデンのマスコミが、政権を長く維持している、いわゆるリベラルと言われる社会民主党と、日本で言えば自民党に当たる穏健党の違いを、端的に比較していました。

それによると、マスコミに取り上げられた形で、今まで社会民主党が掲げているフレーズで一番多いのは「平等」であるのに対して、穏健党が一番挙げているフレーズは「公平」という言葉だそうです。

「平等=Jämlikhet」と「公平=Rättvisa」は、似たような意味にも取られるし、平等=公平と考える人も多いかと思うんですが…

よ〜く考えると、時には真逆な意味を持つんですね。

何かを分け合う時に、平等に分けるというのは公平に分けるのと同じか…というと、まるっきり形が違う場合があります。

例えば…

僕がスウェーデンで満席のロックコンサートに行って、後ろの方の立ち見席で見るとします。

僕は普通のスウェーデン人より背が低いので、背伸びをしても見えるのがやっと…という事実がありますよね。

もしかしたら、きっと背伸びをしても届かないでしょう。
何せ、スウェーデン人は僕よりも首ひとつは背が高いですから…

それで、僕だけが見えないのは他の見える人と比べると「不公平」なので、椅子か台をもらって、そこに立つとみんなと同じように見ることが出来ます。
これで、僕はみんなと「平等」になるということですよね。

これを、僕が「不平等を正して公平にしてもらった」というと、必ず「それは公平ではない、不公平だ」という人が出てきます。

「公平」という立場から見ると、僕だけがその椅子か台をもらうというのは「不公平」なんですね…

僕が椅子や台をもらうのであれば、他の人にも同じように配って、初めて「公平」になるというわけです。

そうすると、今度は「平等」にしてもらった方がまた「不平等」になり、「じゃあ、それを公平というのか?」ってことになって、これがまた延々と続く…という話です。

平等を大切にすれば、持ってない人が持ってる人と同じようになるように分配しなければならないけど、
公平が大切とすれば、人には同じように分配しなければならないっていうわけです。

ちなみに…ですけど、
日本とか英語圏では、この解釈が全く逆ですね。

みんなに同じように与えることを「平等」と言い、同じにするために「違うように」与えることを「公平」と言っているようですけど、

スウェーデンの政党の主張から見ると、逆の話です。


社会民主党が主張するのは「平等」で、


穏健党では「公平に…」です。

僕がスウェーデンに来た頃、仕事につくにはスウェーデン語が出来ないと就業できないので、職安から1ヶ月分の給料と同じ額の補助金をもらって、スェーデン語の学校に2ヶ月行きました。

そこでスウェーデン語を習って、話せるようになると仕事をして、税金を払って…次の「スウェーデン語が話せない人」がまたその税金から出る補助金で学校に行って…となるわけですけど…

これ…特に、一般の裕福ではないスウェーデン人からは、表立っては言われないけど…不平や不満が聞こえて来ましたね…

「スウェーデン語を話さない外国人だけが、仕事もしないうちから補助金をもらって、こっちは暮らしもやっとなのに、何ももらえないのは不公平だ」って…

人が平等になるために、持てる人には税金を多く払ってもらって、持ってない人に何かの形で分配するというのは、一見当たり前に聞こえますけど、

それを、不公平という人もいる。

でも…
でも…ですよ…

背の低い僕が、みんなと同じように見えるために台をもらって平等になるとしたら…やっぱり、それは「公平」なんじゃないでしょうかね?
だって、人と同じ立場に立つため…ですから…

政治や経済とか福祉とか…とにかく「分配」が必要な部分では、「平等」にするのか「公平」にするのかで…あっちは右だとか左だとか騒ぎます。

前に税金の話をしましたけど、税金の多い少ないよりも、それが弱いものを平等にするために分配するのか、それともみんなに公平にすべきかってところで、右だ左だと言って、協調は出来ないって言ってます。

最近は、世界中で格差が問題になってるけど…

「格差がなくなるように、金や手段を平等に分配しろ!」という人がいるかと思えば…

「金持ちは、それだけ社会に貢献してるんだから、格差があるのは当然だろ!
配るんなら、みんなにそれぞれ公平に分配しろ!」って、また格差が広がる…。

それを右とか左とかで分けるのもまた単純な話だけど…
スウェーデンと日本や英語圏で「平等」と「公平」の解釈が逆だというのも、また変な話ですよね…

考えてみれば、政治の世界じゃ、「平等」だの「公平」だの…都合の良い時に、それぞれ都合の良いように解釈してるんでしょうかね?

そこで、単純な僕らが振り回されて…なんて…
そこにいくと、ロックの世界は穏便で…平和で、良いもんです!

アリーナで何万人も集めるロックスターは、ロールスロイスなんか何台持っていたって…だ〜れも、な〜んにも言わないです。
当たり前だと思ってるし…

それに、見えなくても「そんなの関係ねぇ!」と思ってるのがいっぱい!

そこで、「俺はただの観客だけど、俺たちがいるからこそ、お前はステージで怒鳴っていられる!」、「だから、俺にも少なくともBMWかベンツをよこせ!」なんて、誰〜も言わないですから…

もう、平等も公平も関係ないっ!

あ、こういう話は…お呼びでない…
失礼しました!w

響きあいのネットワーク「クラブEKO」

その趣旨!

1995年に、三重県や東京、神奈川、島根、鳥取、札幌、御殿場、高松などはじめ、各地の仲間や賛同者の方々の協力を得て、『響き合いのネットワーク「クラブEKO」』がスタートしました。

仲間の多くは、地域で音楽や文化活動をしている人たちであったり、障害を持つ人の環境に関心のある人たち、またスウェーデンとの交流を通して日本の福祉の向上に貢献したいと願う人たちなど、様々な想いを持つ人たち、そして既存の団体やネットワークに捉われずに、なおかつそれらとも連携していく新しいネットワークを願う人たちでした。

ロックグループEKOが音楽グループであること、また「エコー」が「響き」という意味合いを持つことなどから、その呼び方も「響き合いのネットワーク」として、周りに働きかけようという想いもありました。

こうしてスタートした活動に際して、周りに呼びかけた趣旨が、次のようなものです。

********************************************************************************************

響き合いのネットワーク「クラブEKO」
立ち上げにあたって

「クラブEKO」は、特定の地域や目的に限定した活動でなく、様々な個人や団体とのネットワークを通じて、広くバリアフリー社会の実現に向かう環境作りを目指す、ひとりひとりの集まり、そして「ネットワーク」です。

音楽とか芸術に限らず、それが何かをする作業所であれ住むところであれ、そのような人間関係と姿勢の中で、それぞれの持ち味が生かされて、みんなが生きがいを感じながら、一緒に良いものを造ろうとすれば、周りを包み込む共感を生み出すものです。

しょうがいを持つ人がインクルージョン(包含)され、生きがいを感じながら暮らせるためには、しょがいを持つ人が暮らしやすいような社会でなくてはなりません。

しょうがいを持つ人とはどのような人なのか、援助とか支援はどうあるべきなのかも理解しなければなりませんし、表現の場も、もっと広がって行かなければなりません。

また、しょうがいを持つ人誰もが自己の表現能力を伸ばしていける支援や、生活の援助・支援の方法の体系作りも必要です。
しかも、それは質の高いものにしていかなければなりません。

クラブEKOは、その実現を願い、仲間や活動の輪を広げ、しょうがいのある人もない人も、ひとりひとりが自分の持ち味を生かしながら、みんなと一緒に生きがいを共感し合い、共生できる社会を目指す人達のネットワークです。

一人一人は、みんなそれぞれ違うものを持っています。
考えが違ったり、立場が違ったり、置かれている状況も違うでしょう。
でも、お互い何か共鳴するものがあれば、それを広げていく事も可能です。

響きあうということは、お互いが共鳴しあうことです。

私たちは、お互いが共鳴する場をつくり、その共鳴するものを探る中で、自分や周りが協調しながら共存出来る社会を願う仲間たちです。

仲間は、全国、何処にでもいます。
そして、いろいろです。

地域での活動をしている人や、行政の人。
専門職や施設の管理職の人。
もちろん施設の職員や、しょうがいを持っている人自身も。
親や家族、それにボランティアの人や医療関係の人。

大学の学長さんもいれば、団体の役員や理事もいます。
ジャーナリストや芸術家。
保育所や学校の先生や、それに普通の会社員なども…。

自分の考えを広げていきたいと考えている人。
仲間が欲しい人。
自分の考えが周りの壁に突き当たり、悩んでいる人。

また良いアイディアがあっても、具体化する段になって困難にぶつかり、何かのサポートを必要とする人。
そして、何か意味のあることを、探っている人。何かをやりたい人。情報の欲しい人…。

クラブEKOは、そんな仲間や様々な活動の輪をつなげ、仲間たちの共感の輪を、いろいろな活動によって広げていきます。
そして、周りの人たちをも巻き込んで、さらに広げていきたいのです。

なぜなら、しょうがいを持つ人々の周りには、無理解や妨げが、まだまだ沢山あるからです。

*******************************************************************************************