スウェーデンハンドセラピー体験日記 Day2

こんにちは、ダールマン容子です。

⚫︎スウェーデンの夏休み

前回のブログから夏休みに入ってしまい、すっかりご無沙汰してしまいました。
スウェーデンでは、保育園や学校は6月中旬から8月中旬の約8週間が夏休み。
大人もそれに合わせて4-6週間の夏休みをとる人が多いです。

大人の夏休みが…4-6週間!!

驚きの長さですよね。
多くのスウェーデン人はそんな夏休みを「Sommarstuga/ソンマルステューガ」と呼ばれる別荘(サマーハウス)で過ごします。「別荘」というと豪華で高級なイメージがありますが、スウェーデンのサマーハウスはむしろ真逆。水洗トイレがないなんて当たり前。
場合によっては水道が通っていない、電気も通っていない…など、簡易的なものが多いのです。

それでも、そんな簡素で不便な生活を通し、自然を近くに感じるのを楽しむ。またそんな「不便、でも自然な暮らし」を小さいころから子供たちに体験させるのが大切。
それがスウェーデン流の考え方です。


写真:サマーハウス

このようなスウェーデンの暮らしについては、私が運営しているネットショップのブログでも詳しくご紹介していますので、よろしかったらご覧くださいね。

スウェーデンの夏に関するブログ記事へのリンク:

幸せな暮らしスウェーデン。あこがれの長期夏休みの裏に隠された真実とは・・・

不便すぎる生活を喜ぶスウェーデン人のなぞ、その真相は…

⚫︎ハンドセラピー講座、2日目

さて、では気を改めて、先日受講したスウェーデンハンドセラピー/タクティールマッサージ講座の2日目の様子をご報告します。

(1日目の様子についてはこちらのブログをご覧ください)

朝9時に「桟橋」で集合。2日目ということもあり、皆少し打ち解けた様子でおしゃべりしながら会場に移動します。


写真:2日目

2日目の実技講義は、ハンドの復習に続き脱衣の状態の背中と足のセラピーです。
その実技の練習に入る前に少し講義の授業もありました。

⚫︎スウェーデンスタイルの講義は

スウェーデンでは、小中学校や高校、また高等教育である大学などの教育現場は「話し合い」「意見を交換する」、そこから「答えを見つけよう」というスタイルが主流です。
つまり、日本のように教室で前に立った先生が教える授業内容を静かに聞いて板書し、覚えるというスタイルは珍しいのです。

そのせいか、スウェーデンの職場での打ち合わせや講義の際でも「話し合い」「意見を交換」というスタイルが多いことに気づきます。


写真:仕事

このハンドセラピー講義でも1日目からそのようなスタイルでのレクチャーが行われました。
2日目のテーマは「ストレス」です。
二人ずつでペアになり、「ストレス」ついて話し合います。
例えば「自分はどんな時にストレスを感じるか」。また「そのストレスを和らげるために自分は何をするか」など。
その後、各ペアが話し合った内容を簡単に発表し、またそれについて話し合います。

このようなやり方だと、自分たちの実体験に基づいて考えるので、テーマについての理解がより深まります。
また、受け身となって講義を聞くのではなく積極的に意見を交換し合うことで、講義の内容が自分の中に定着しやすいように感じました。

⚫︎「フィーカ」にみるスウェーデン文化

その後実技の練習を行い、最後は皆で「フィーカ」(お茶)で締めくくり。

スウェーデン人の「フィーカ」好きは有名です。スウェーデン語の「フィーカ(Fika)」は「お茶をする」という意味の言葉ですが、例えば多くの職場では1日2回「フィーカの時間」が決められていたり(大体10時と2時など)、「フィーカをする部屋」があったり、「フィーカ」用の菓子パンやフルーツが会社負担で常に用意されていたりします。


写真:フィーカ

フィーカはただ単にスウェーデン人がコーヒー好きだから普及した文化なのでしょうか。私はフィーカにはもっと深い文化があると考えています。

先ほど述べた参加型の講義スタイルからもわかるように、スウェーデンでは学びや仕事の現場において「話し合い」「意見交換」「仲間意識」「協力」が重要な位置を占めています。

さらにその中でも最重要なポイントは

「相手の意見や考えを尊重する」

ということです。

例え自分は相手の意見や考えに賛同できなくても、その意見を尊重することが求められます。
それは小さなころから様々な場で訓練されているため、大人になったスウェーデン人は自然に他者を尊重することができるようになるのです。

そんな他者を尊重する姿勢は、スウェーデンの介護や医療の現場でも活かされていると思います。

⚫︎硬く汚れた殻の中には

そのフィーカの時間に、先生が「自分の宝物」という「石」を見せてくれました。
それはごつごつとした硬い、グレーの汚れた石です。

しかしその石を開くと、中は驚くほど美しく、輝く水晶になっていました。


写真:石

「どんなに硬く汚れて見えても、その中には必ず美しいものがある」

この石は、自分にそれを思い出させてくれるということで宝物にしているそうです。
そしてそれは介護や医療の現場で仕事をする中で、忘れてはいけない考えだと教えてくれました。

————————–

さて、ハンドセラピーとは関係ない話も多い私のブログですが、今回のハンドセラピー講座ではセラピーという実務的な技術以外にも、たくさんの学びを得ることができました。
これから少しずつ実際にハンドセラピーが行われている現場の様子を視察したり、また自分でも施術を行ったりする中で、ハンドセラピーやスウェーデンの介護、看護に関する理解を深めていきたいと思います。

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

平等と公平の話…

ずいぶん前になりますが…

スウェーデンのマスコミが、政権を長く維持している、いわゆるリベラルと言われる社会民主党と、日本で言えば自民党に当たる穏健党の違いを、端的に比較していました。

それによると、マスコミに取り上げられた形で、今まで社会民主党が掲げているフレーズで一番多いのは「平等」であるのに対して、穏健党が一番挙げているフレーズは「公平」という言葉だそうです。

「平等=Jämlikhet」と「公平=Rättvisa」は、似たような意味にも取られるし、平等=公平と考える人も多いかと思うんですが…

よ〜く考えると、時には真逆な意味を持つんですね。

何かを分け合う時に、平等に分けるというのは公平に分けるのと同じか…というと、まるっきり形が違う場合があります。

例えば…

僕がスウェーデンで満席のロックコンサートに行って、後ろの方の立ち見席で見るとします。

僕は普通のスウェーデン人より背が低いので、背伸びをしても見えるのがやっと…という事実がありますよね。

もしかしたら、きっと背伸びをしても届かないでしょう。
何せ、スウェーデン人は僕よりも首ひとつは背が高いですから…

それで、僕だけが見えないのは他の見える人と比べると「不公平」なので、椅子か台をもらって、そこに立つとみんなと同じように見ることが出来ます。
これで、僕はみんなと「平等」になるということですよね。

これを、僕が「不平等を正して公平にしてもらった」というと、必ず「それは公平ではない、不公平だ」という人が出てきます。

「公平」という立場から見ると、僕だけがその椅子か台をもらうというのは「不公平」なんですね…

僕が椅子や台をもらうのであれば、他の人にも同じように配って、初めて「公平」になるというわけです。

そうすると、今度は「平等」にしてもらった方がまた「不平等」になり、「じゃあ、それを公平というのか?」ってことになって、これがまた延々と続く…という話です。

平等を大切にすれば、持ってない人が持ってる人と同じようになるように分配しなければならないけど、
公平が大切とすれば、人には同じように分配しなければならないっていうわけです。

ちなみに…ですけど、
日本とか英語圏では、この解釈が全く逆ですね。

みんなに同じように与えることを「平等」と言い、同じにするために「違うように」与えることを「公平」と言っているようですけど、

スウェーデンの政党の主張から見ると、逆の話です。


社会民主党が主張するのは「平等」で、


穏健党では「公平に…」です。

僕がスウェーデンに来た頃、仕事につくにはスウェーデン語が出来ないと就業できないので、職安から1ヶ月分の給料と同じ額の補助金をもらって、スェーデン語の学校に2ヶ月行きました。

そこでスウェーデン語を習って、話せるようになると仕事をして、税金を払って…次の「スウェーデン語が話せない人」がまたその税金から出る補助金で学校に行って…となるわけですけど…

これ…特に、一般の裕福ではないスウェーデン人からは、表立っては言われないけど…不平や不満が聞こえて来ましたね…

「スウェーデン語を話さない外国人だけが、仕事もしないうちから補助金をもらって、こっちは暮らしもやっとなのに、何ももらえないのは不公平だ」って…

人が平等になるために、持てる人には税金を多く払ってもらって、持ってない人に何かの形で分配するというのは、一見当たり前に聞こえますけど、

それを、不公平という人もいる。

でも…
でも…ですよ…

背の低い僕が、みんなと同じように見えるために台をもらって平等になるとしたら…やっぱり、それは「公平」なんじゃないでしょうかね?
だって、人と同じ立場に立つため…ですから…

政治や経済とか福祉とか…とにかく「分配」が必要な部分では、「平等」にするのか「公平」にするのかで…あっちは右だとか左だとか騒ぎます。

前に税金の話をしましたけど、税金の多い少ないよりも、それが弱いものを平等にするために分配するのか、それともみんなに公平にすべきかってところで、右だ左だと言って、協調は出来ないって言ってます。

最近は、世界中で格差が問題になってるけど…

「格差がなくなるように、金や手段を平等に分配しろ!」という人がいるかと思えば…

「金持ちは、それだけ社会に貢献してるんだから、格差があるのは当然だろ!
配るんなら、みんなにそれぞれ公平に分配しろ!」って、また格差が広がる…。

それを右とか左とかで分けるのもまた単純な話だけど…
スウェーデンと日本や英語圏で「平等」と「公平」の解釈が逆だというのも、また変な話ですよね…

考えてみれば、政治の世界じゃ、「平等」だの「公平」だの…都合の良い時に、それぞれ都合の良いように解釈してるんでしょうかね?

そこで、単純な僕らが振り回されて…なんて…
そこにいくと、ロックの世界は穏便で…平和で、良いもんです!

アリーナで何万人も集めるロックスターは、ロールスロイスなんか何台持っていたって…だ〜れも、な〜んにも言わないです。
当たり前だと思ってるし…

それに、見えなくても「そんなの関係ねぇ!」と思ってるのがいっぱい!

そこで、「俺はただの観客だけど、俺たちがいるからこそ、お前はステージで怒鳴っていられる!」、「だから、俺にも少なくともBMWかベンツをよこせ!」なんて、誰〜も言わないですから…

もう、平等も公平も関係ないっ!

あ、こういう話は…お呼びでない…
失礼しました!w