最近「お気に入り」のコーヒーショップ!

スウェーデンもようやく夏らしくなってきて、快晴で清々しい天気が続いています。

ここは、「今年は歴史上最も暑い気温」とか「地中海から北極圏までの猛暑」とかは、まるで縁がないみたいですね…

こんな爽やかな夏ともなると、やっぱり街に出てフィーカでもしたくなります。

僕はいわゆる「ピープル・ウオッチング」が好きな方なので、そういう時には賑やかな通りに面したカフェで表に座り、通りがかりの人の流れを見ているのが楽しみです。

ということで、日本では同僚だった友人と、最近よく行くカフェで待ち合わせをしてフィーカをしてきました。

あ、フィーカというのはご存知でしたよね?

前にもここで書きましたけど、スウェーデンで「コーヒーを飲む」という意味ですけど、ここでの生活に欠かせない、スウェーデンらしい表現です。

この通り”Götegatan”「イェーテガータン」はストックホルムの南側の島にあって、ストックホルム市の南に向かう交通の要ともいう地域の中央を通る道です。

この地域は、60年代まではどうちらかというと労働者の街という性格でしたが、60年代の終わりから70年代に入ると、若者や芸術家など結構フリーな人種(?)が住むようになって…

今では、通りにはファッションの店やカフェ、飲食店などが並び、結構ファッショナブルな地域になっています。

僕がよく行くのは、地下鉄駅スルッセンの出口横にあるコーヒーショップ「Espresso House」です。

このEspresso Houseは、スウェーデン、ノルウエー、デンマーク、フィンランド、ドイツに全部で450店の店舗を持つという北欧で最大のコーヒー店チェーンの一つで、

ストックホルムの中心街だと、地下鉄の駅があるところには必ずと言っていいほどあるコーヒー店です。

店の中はゆったりとして、ひとり客だと大概はパソコンをやってるみたいで、ある意味スタバと似てますね。

メニューも結構豊富で、値段もまぁまぁ…それに、美味しいです。

普段は混んでいますけど、日曜日でもゆとりのある時間帯は空いてます。

もちろん、コーヒーに入れるミルクやクリームもあれば、今流行ってるオートミルクも常時置いてます。

店の中はそれなりに良いんですが、僕としては、特にGötegatanという、人通りが多くて、しかも歩行者優先の通りだと、外に座って「ピープル・ウオッチング」をするのが好みですね。

この日は友人に会うということでしたけど、やっぱり外で座るのが良いということで…

“Yhea, my man…!”という感じで…

なので、ストックホルムの中でも、この「南の島」スルッセン駅の周りでリラックスするというのが、最近のお気に入りになってます。

近代的でもあるけど古い町並みの残っているGötegatan、今年の夏も、街に出る時はここで過ごすことが多いでしょうね。

みなさんも、ストックホルムにお越しの際には、ぜひこの通りにも来てください!

 

オーベルカーリックスへの道!

⚫︎北の町、オーベルカーリックス

オーベルカーリックス(Överkalix)というのは、おそらく海外旅行に詳しい日本の人にしても、あまり聞いたことのない地域だとは思います。

スウェーデン人でも、「カーリックス」というこの地域の比較的大きな町のことは「北にある町」として知っている人が多いので、「大体その辺だな…」といった程度の認知度だと思いますね。

僕の場合は、昔からの仲の良い友達がそこに引っ越して、何回か訪ねにいったことがあるので知っているわけですが…

僕は、この北極圏のすぐ近くにある町が大好きです。

ストックホルムからは、車で行くとE4ルートを通って約1000キロ、まっすぐ走り続けても約11時間半かかりますから、普通だとどっかで1泊する距離です。

分かりやすいように日本語でググると「エベルカーリックス」って出てきますが、このÖverkalixの「Ö」というのは、発音的にはオとエの中間というか、何とも独特の発音で、外国人にはすごく発音しにくい音で、エと出るのも仕方ないかな…って感じですけどね…。

とにかく…このオーベルカーリックスに行くのには、このE4ルートの他にも、ダーラナ地方を通って行くという手もあります。

E4ルートだと、ウプサラを超えてイェーブレを過ぎるとバルト海沿いに海岸線を通るので、まぁ、それぞれの町を堪能するにしても、あまり変化は期待できないかも…ですね。

なので、僕が行く時はダーラナを通って、ヨックモックというサーメ色の強い地域も通って…という道になることが多いです。

オーベルカーリックスの中心地は、スウェーデンでも大きい川の一つであるカーリックス川と、その脇を流れるエンゲセ川が合流して出来た中洲にあります。

オーベルカーリックス市は、広さが2919㎢ですから、神奈川県よりもちょっと広いという面積に、人口は全域で3300人、そのうち市街地に住んでいるのはおよそ1000人ですから、分かります?…この人口密度の少なさ…。

そうなんです、町の一歩外は、全くの原野です。
それも、ラップランドの大原野で、車で何時間走っても周りは森林と湖…。
北に50キロ行くと、「ここからは北極圏」という看板が立ってます。

この看板のあるところ、つまり北極圏の線上のうえをピョーンと飛んで越えると、またこの地に帰ってくるという話ですから、「トレビの泉」のコインみたいな話です。

でも、とにかくここまで来ると「北極圏」。
当然、サーメ人が住んでいますし、今は観光客にサーメ小屋も見せてくれます。

サーメ人といえば、これまた当然のようにトナカイがいます。
それも…おびただしい数の…。

まぁ、こんな数のトナカイの中にいてもしょうがないですけど、ちゃんと観光客相手をしてくれるトナカイもいます。

ヘラジカだっていますからね。

この1000人ちょっとチッコイ町ですけど、この街中には、病院とか高齢者住宅とか障害者のグループホームやデイセンター、警察や商店街とかちょっとした工場とか、一つの町が機能するものがほとんど揃っています。

それと…ここはやっぱり北極圏のすぐそばで、フィンランドやロシアとも地理的にも文化的にも近いので、ロシア正教の影響を受けた教会もあれば…

キリスト教がスウェーデンに入ってきた頃の、バイキング風の屋根の教会まであります。

この町に流れているカーリックス川はまた、スウェーデンでも有数の鮭の産地で、釣り好きには知られてます。

この町のレストランでは、鮭の料理を食べながら、鮭の話をしますからね…。

釣りといえば、冬に凍った川で穴を開けて釣りをする、こっちでいう「ピンペル釣り」というのも、冬の風物のひとつ。

ここでは、ピンペル釣りの世界選手権なんてのもありますから…。
もっとも、出場国は、お隣のやっぱり北極圏のある国が多いですけどね…。

でも、夏は夏で盛大に祝うことが多く、夏至祭には…どこにも負けない盛大な夏至祭りやりますし…

また、毎年、近郊地域から大勢人が集まって賑わう「夏の市」も開かれます。

この小さな町に、それこそ何千人と集まりますから、この町唯一のホテルも、この夏祭りだけで採算が合うんじゃないかって思うほどですけど、とにかく町の大きさを考えると、大きくて豪華なホテルです。

いや、「夏の市」だけじゃないですね…!
このオーベルカーリックの自然は、夏の白夜の時期は、とにかく輝きます。

でも、圧巻は、やっぱり「オーロラ」でしょう。
早い時には9月の末から、遅くは4月の初めまで、とにかく天気が良くて空が見えれば、何日も…毎日でもオーロラが見えます。

何だか、まるでオーベルカーリックスの観光大使になったような気分ですけど…

スウェーデンは自然が素晴らしいという中で、オーベルカーリックスはその多様性が僕は好きです。

車でキャンプして、ラップランドに来るなら、ここは絶対外せないですね…。