ストックホルムの誇り「ヴァーサ博物館」

ストックホルムは、美術館・博物館の数が人口で比較すると世界一多い…と言われています。

大きな歴史博物館や北方博物館、それにモダンアートの美術館の他にも…音楽博物館や軍事博物館、さらには鉄道や郵便の博物館など…
「えっ、こんなものまで?」という博物館なんかありますから…。

その中でもヴァーサ博物館は、ストックホルム市が世界に誇る博物館と言っても過言ではないでしょうね。

なにせ、ここに展示されているヴァーサ号は世界で唯一現存する17世紀の船舶で、原形の95パーセント以上が保持されており、

数百もの彫刻に彩られたヴァーサ号は他に類をみないユニークな芸術品で、世界有数の観光名所となっています。

9つの展示場、豊富なグッズのショップや、一流のレストランも備えていて、ヴァーサ号に関するビデオ上映も16ヶ国語で視聴可能であるとか…

ヴァーサ博物館は、スカンジナビアの博物館の中でも最多の来館者数を誇り…僕の知っている限り…日本の皇族とそのご家族も、度々ご訪問されています。

僕自身、いろんな機会で何回も行っていますが、何回行っても飽きない…。
何よりも、このヴァーサ号にまつわるいろんな話がユニークなんですよね。

時は1626年…
当時のスウェーデン国王グスタフ2世アドルフの…
「世界最大・最強の軍艦を作れ!」
という命令によって起工したこの軍艦…

当時のスウェーデンは、ヨーロッパでも大国の一つで、しかも、バイキング時代からの海運国。

おまけに、当時のスウェーデンは世界最大級の鉄の産出国で、大砲などの武器の製造においては、現在に至るまで、その質量ともに世界でも有数な国の一つです。

正に「国を挙げての建造」が始まった…

当時も優秀な造船技術を持っていて、もともと砲甲板は一層の予定だったけど…
海洋王国を誇示したい国王の命令で、建造途中で二層に増やされ…結局は無理な構造になってしまい、さらに重武装だったために…極端にトップヘビーな艦になってしまった。

それでも、1628年8月の波が穏やかな日に初航海に出たんですが…

マストに帆をいっぱいに張って、1,300mほど帆走した地点で横風を受け、船の上が重いため復原性が低かったので、そのまま横転して…

150名の乗組員のうち30~50名を道連れに、海底へと沈没。

すぐに引き上げが試みられて、大砲や貴重品は1664年までにはほぼ回収できたんですが…

船体の回収にはことごとく失敗し、海底に沈んだ状態で放置されて、この後ヴァーサ号が再び出現するまでには、実に333年もの年月を要することとなったというわけ。

1950年の初頭に、民間の研究家であるアンダース・フランツェンがヴァーサ号の探索を開始して、1956年にヴァーサ号を引き上げを行って以来… 数年に及ぶ準備作業の末、ヴァーサ号は1961年4月にその姿を海面に現しました。

そのままでは、保存処理を怠れば木材はひび割れ、朽ち果ててしまうので…それ以降、専門家によって適切な保存方法が考案されるまでの間、ヴァーサ号には水が噴射されました。

その後防腐剤として、水溶性の蝋製品や、ポリエチレン・グコールの噴射が数年に渡り続けられ…現在に至ったわけです。

このヴァーサ号を観て圧巻されるのは、復元された700点もの彫刻品を含む14,000点以上の木製品ですね。

17世紀の軍艦というのは、戦時に使用されるだけでなく、宮殿を遊走することもあったと言われます。

引き上げられた彫刻には、メッキ材や塗料の跡が残されており…
彫刻のモチーフは、ライオンや聖書の英雄たち、ローマ皇帝、海獣とか、ギリシャ神など…スウェーデンの君主の栄光を称え、君主の威信と文化を礼賛するためのものだったので…
とにかく豪勢というか豪華というか…

博物館にはこの他、引き上げ作業とか当時の工具や船内の様子、さらには当時の市民の姿なんかも展示されて、それこそ…当時のスウェーデンが偲ばれます。

ストックホルムを訪れるなら、見るところはたくさんありますが、このヴァーサ博物館を訪れるのも、一生の思い出になること請け合いです。

ちなみに…ですけど、それほどの軍艦が沈没してしまったけど、設計者も工事担当者も…誰も罰せられなかったとか…

建造中に変更を命じたのは、誰であろうスウェーデン国王その人だったので…誰も責任追及はしなかったという話です。

景色としてもユニークなヴァーサ博物館、やっぱり訪れるのなら、夏ですかね…。

水の都ストックホルムの、「もう一つの顔」ということで…。

クラブEKOと、その始まり!

1992年の3月に、僕らスェーデンの「ロックグループEKO」が初めて日本を訪れ、日本公演ツアーを行いました。

日本人の僕を除いたメンバーとスタッフは、もちろん日本については全くイメージがなく、また迎える日本の人たちも…障害を持つ人が中心のロックグループといっても、それがどんなものか見当がつかない…というところでのスタートでした。

その時は、大阪を手始めに全国10都市を7週間で回りましたが、どこでも会場は大きいところで、主催者側の皆さんも採算が合うかどうか分からず…全く手探りの状態で、とにかくいろいろな団体が懸命になって協力し合い、結局はどこの街でも公演は成功に終わりましたが、公演が終わった後の打ち上げはいろんな団体やボランティアの人たちが集まって、本当に感動的なものでした。

この感動は、単に公演が成功だったということよりも、今までそれほど交流がなかったり、中には反目しあっていたような団体同士が、公演のために一緒になって協力し合ったこと、そしてそれが成功して喜びを分かち合えたことから生まれたんだと思います。

1992年といえば、ちょうど国連の「障害者に関する世界行動計画10周年」の最終年にあたり、日本でも全国各地で大掛かりなイベントが計画された年でもありますし、また日本では90年代を迎えて、「施設から地域での福祉へ」という動きや、ノーマライゼーションという言葉や概念が社会に広がり始めた時期でもありました。

そのため、この年はいろいろな企画が計画されましたが、「ロックグループEKO」の日本公演も、大阪で行われた「とっておきの芸術祭」というイベントにその一環として招聘されたわけです。

そういう経過の中で、招聘元であった奈良市の法人「たんぽぽの家」のネットワークによって、各地でイベントが企画され注目が集まっていました。

今までイベントというのはたくさん行われてきましたが、今回は海外から総勢20数人の大きなグループの招聘とあって、予定された会場も各地の公民館や大きな会場で、採算が合うためにも会場はそれこそ満席にしなければなりません。

ところが、肝心の「スウェーデンからの知的障害者のプロのロックバンド」と言っても、今まで誰も見たことも聞いたこともなく、要は「取らぬ狸の皮算用」でチケットの販売と観客確保をしなければならない状況でした。

そのため、公演が赤字になれば、「誰それの自動車を売る!」とか、「全員でお菓子の販売をやる」とか議論された開催地もあったということも聞きました。

また、今までこれほど大掛かりな企画も少なかったため、いろいろな団体が連携してイベントを立ち上げることはなかったのですが、ひとつにはイベントの採算が取れるようにということと、二つ目には、今まであまり陽の目を見ることのなかった障害者についての関心を、この機会に市民や行政に訴えたいという障害者の各種団体の要望や期待もあって…

企画を成功させるために、普段はあまり同じ企画を共同で作業しない施設の団体と家族や親の会の団体、あるいはその頃はまだ少数ではありましたが当事者の団体など、いろいろな団体が共同作業を行い、結果的には、それがそれ以降の障害者の運動に良い体験と影響をもたらすことになったわけです。

翌年の93年には、スウェーデンの知的障害者と交流する研修ツアーが行われ、また当時EKOのリーダーでEKOデイセンター所長でもあった僕も日本を訪れ、スウェーデンの福祉や音楽療法などについてのワークショップや講演を行うようになりました。

このように公演ツアーをきっかけに日本とスウェーデンの交流も深まり、その度に、スウェーデンの福祉の様子もより早く日本に伝わるようになると共に、日本での障害者福祉についての課題や展望などについて、交流の中で話されるようになりました。

翌年の1994年には第2回目のEKO日本公演ツアーが行われましたが、初回の公演ツアー以来のいろいろな交流の中で、当時の日本の障害者福祉の状況の中から、お互いに共感するものを、さらに広く、深く話し合う場を持ち、またそれぞれの想いを実現していきたいという声が聞こえるようになりました。

そして、96年年の公演ツアーで行われた伊勢市の公演で共演したグループ「まんどろ」のリーダーであった吉田豊さんをはじめ、東京都多摩市の島田療育センターや横浜市の惠和館、御殿場市の御殿場コロニーの職員や音楽グループのスタッフ、また松江市の音楽グループのスタッフなどの協力を得て、さらには、当時の障害者福祉に関わる様々なジャンルの人たちの後押しを受けながら、1995年に「響き合いのネットワーク クラブEKO」がスタートしました。

その後の活動の様子、また現在の状況については、別コーナーに寄稿します。