毎日の生活に欠かせない「フィーカ」!

フィーカ(Fika)というのは、スウェーデン人の暮らしというよりも、毎日の生活に欠かせないもののひとつです。

簡単に言えばコーヒーを飲むことなんですけど、そう単純でもない…。

日本的には「お茶を飲む」みたいなもんですし、一人で飲むときには単に「コーヒーを飲む」って感じですけど、「フィーカ」する時は、同僚とか友人とか家族なんかと一緒に飲むんで、社会的なことなんですよね。

それと、フィーカはスウェーデンの生活慣習というか、休憩の時間でもあるし、仕事や何かをしている時に何かの理由で「ブレイク」する切れ目でもあるし…

「この人と、もう少し親密になりたい」と思えば、「デートでないデート」としての意味を持つとか…ある意味、社会的な機能を持つ習慣なんです。

このフィーカ(Fika)という言葉はもともとスウェーデン語にはなかったんですが、この語源がどのように来たかにはいろんな説もあります。

スウェーデンの言語のエキスパートであるラーシュ・グンナル・アンダーションによれば…

コーヒーを飲むことをフィーカというのが定着したのは1910年と言ってますから、今から110年ほど前に出来た俗語だということです。

スウェーデン語でコーヒーはKaffe(カッフェ)と言いますから、カッフェの音節が逆になるとすればフェッカになるはずですけど…

Kaffe(カッフェ)というのが英語のCoffeeから来たとすれば、発音的にはコーフィーになるんで、kaffeをkaffiとも言っていたそうです。
Kaffiの逆音節とすればFikka、つまりFikaになる。

で、このフィーカには、甘い焼き菓子が付きもので、特にシナモンロールってお菓子とのコンビネーションが最もポピュラーですね。

このシナモンロールは、スェーデンでは一般的に「カッフェブッレ」(コーヒー菓子)と呼ばれていますが、スウェーデンが発祥だと言われています。

イースト入りのパン生地を伸ばして、表面にバターを塗って、シナモン、砂糖を振りかけてロール状に巻いた、甘いお菓子です。

「スウェーデンのテーブル」という本の著者へレーネ・ヘンダーソンによると、「客に無礼とならないためには、最低3種類の焼き菓子が必要であり、客を感心させるには、7種類の焼きたての焼き菓子を用意して、天気の話ができるようにしておく」というそうですが、

日本の茶道とは違って、そんな儀式的な意味はないんですが、やっぱり「その道」を徹底しようとする人はどこにもいるんですね…

でも、確かに複数の人が来訪する場合は、いくつものお菓子が並んでいるのが普通です。

「フィーカ」というのは「コーヒーを飲む」とか「コーヒーを飲みに行く」という動詞的な言葉ですが、

フィーク(Fik)というと、これも俗語ですが、「喫茶店」とか「コーヒーショップ」という意味にもなります。

こんなコーヒーショップに行かないまでも、スウェーデン人は、それこそ家庭でも、仕事でも…どこでもフィーカします。

家族で、森の中でピクニックしたり…

森でキノコ狩りの合間に、休んだり…

職場でのミーティングであったり…

庭園でフィーカするのも、趣があるもんです。

フィーカにはお菓子が付きものですが、そのほかにオープンサンドやちょっとした軽食と一緒にフィーカというのも普通です。

ちなみにですけど、僕のお気に入りは、エビのオープンサンドと…ちょっと小腹が空いている時は、それに菓子をプラスするやつ…

セムロルというお菓子は季節ものですが、そのセムロルが解禁の時期になると、店にいっぱい並びます。

最近は、コンビニで「フィーカ」を無料サービスするところも出てきました。

無料ですからね…

こうなると、もう社会的とか交流とかは関係なく…単なるコーヒー依存症の人へのサービスみたいなもんですけど、

スウェーデンも、フィンランドに次いで世界で最大のコーヒー消費国の一つですから、これだけ普及するとコーヒー依存症も増えるのかも…

そろそろ…僕もフィーカしたくなりました!
じゃあ、ここで…というところで…ちょっと…!

男らしさと、女らしさ!

スウェーデンは平等社会ですし、男女も同権ではありますが…
でも、まだまだ同権というにはいろいろ問題もあるようです。
何せスウェーデンには、「フェミニスト党」という政党があるくらいですから…。

「奥ゆかしさ」は女らしさ?

少し前ですが、イチロー選手が引退すると表明した後、ご夫婦で歩いている写真がニュースで流れたのを見ました。

奥さんが、イチロー選手の後ろから、3歩くらい後に歩いていて…それが、「女性らしい」という評判だったみたいですけど…

日本では、そういう「奥ゆかしさ」というものが、「女性らしさ」として評価されるんでしょうね。

スウェーデンには「奥ゆかしい」という言葉もないですけど、それを「謙虚さ」といっても、それは女性らしさを表しているものにはならないと思います。

「らしさ」の話…

僕がこっちに来たのは60年代も終わりの頃ですけど…その時代はヒッピーの影響もあって、男と女の「らしさ」の違いというものをなくそうとしていた時代でもあったと思います。

男も女も、当然着るものに違いはあるけど、当時は「ユニセックス」というのが流行って、まず見た目から男と女の違いをなくそうみたいな…

男ってあまり服装で自己主張しないみたいですけど、でも女性は、そこに自分の思想みたいのが表れるのか…

例えば、口紅なんてつけている人もいないし、ブラジャーなんてものもしないのが普通でした。
女らしさというものを消して、出さないように…でしょうね。

スウェーデンは春が長いので、5月も中旬になって急に初夏のようになると、街中でも有名な公園なんかには、それこそ100人以上の人が日光浴するんですが、その中の多くの女性はトップレスで、当時はそういうのも普通だったです。

いわゆるウーマンリブっていうのが盛んになってきた頃ですね…

その頃は、男らしさとか女らしさというものは何か否定的な比較の仕方で、「男と女には、全く違いがない」というのがモットーでした。

70年代に入ると、デビット・ボウイとか男のスターが化粧をするようになって…今のビジュアル系に繋がっていったみたいでしたけど…

そんな若者の世代が親世代になると、子どもの育て方についても議論が起きて、「男らしさとか女らしさとかは、環境と育児教育から始まる」というので、

まず、今まで男の子が好むと思われてきた青色系の洋服でなく赤色をとか…男の子に車の玩具、女の子に人形なんてとんでもない…みたいな議論が、教育の世界やいろんなことろで起きました。

家庭でも、男性も女性も仕事をしてるんで、主婦か主夫か知らないけど…家事は共同でやるのは当たり前になって…

でも、どうも男性と女性では、例えば食器洗いの方法にも違いがあるようで…

女性は一般的に、食事が終わるとすぐに食器を洗って、それが終わってからゆっくりする…という傾向があるのに対して、男性は一般的に、食事が終わるとテレビを見たりして、自分のやりたいことが終わってから「じゃ、洗い物でもするか…」ということで、お互いイライラして夫婦ゲンカになることが多いとか…

女子会なんかでは、如何に女性は男性よりも強いか…という話が多いとか…

一方で男性の間では、「女の場所は、やっぱり釜戸の前だよな…」みたいな話を、人に聞こえないように話したり…なんてことも、よく周りでありました。

で、

やがてスウェーデンでは、「優しいパパ(Mjukispappa)」というのが流行語にもなって、男性は「優しくて理解があって、家事も進んでやる」というのがモデルになってきました。

ところが、

その「優しいパパ」現象が、やがて…「近頃の男の子には、父親像がない」と批判されるようになって…

特に若者の暴力事件なんか起こると、「彼らには男性像がないから…」とネガティブな側面も議論されるようになって、女性らしさとか男性らしさというものの姿が改めて話されるようになった時期もあります。

そんな風潮が少し変わってきたのは、どうも僕の感じでは…
あのマドンナが出てきて、「女であって、何が悪い!」みたいな主張をしてからというか…

そのマドンナが、腹が割れたマッチョ的な男性ダンサーに囲まれて、それはまたセクシーな仕草で挑発するのが世の中の若い女性にも受けて、なんか新しい女性像が作られたような気もするんですけど、どうですかね…

スウェーデンには同棲婚というのがあって、結婚してなくても、共同で生活しているというのが多く、今は、離婚の時でも相続の時でも結婚と同じように扱われます。

60年代からしばらくはその傾向が強かったんですけど、ところが最近では、また伝統的な結婚をするカップルも増えてきました。

それなんかも、あのマドンナが女性らしさを誇張して主張しだしたのと同じ頃からだったような気がします。

ちなみにですけど…

スウェーデンでセクハラというと、昔は「男性が女性に嫌がらせをする」というのが多かったですけど、

最近は、例えば女性が多い保育園の職員の中で男性職員が疎外されるとか、男性の多い警察官の中で女性警察官が差別される…というように、「性の違いによる差別」というのが多くなって、今ではスウェーデンでの「セクハラの定義」にもなっています。

スウェーデンでは、今まで女性らしさとか男性らしさというものを議論した時代が結構長かった気がしますけど…

今は、そういうことは話さないまでも、お互いに同権で付き合うことで、それぞれの男らしさとか女らしさとかを、それぞれが探求している時代になったんじゃないかと思いますね。

そう、

「男らしさ」とか「女らしさ」というものは社会や周りが決めることではなく、結局は個人的な思考と好みの問題で、人は、その人なりの「らしい人」を求めているんではないでしょうか。