クラシックカー・改造車のパレード!

8月に入ってからは、強い風さえ吹かなければ、結構快適な天気が続いているストックホルムのこの頃…

今日は市内の目抜き通りでもあるSveavägenで、クラシックカーや改造車のパレードがありました。

通りを遮断して改造車だけのパレードというわけでもなく、普段の交通に混じって、次々と色々なオーナー自慢のクラシックカーや改造車が、何回も何回も通りを運転するというもので…

まぁ、通常の交通の流れにはもちろん影響するものの、普通の車両と一緒に運転するというものです。

もちろん、それを見たいという人やクラシックカー・改造車ファンなどが通りに集まり、ものすごい人並みとなりました。

おりしも、今日は恒例のPRIDEフェスティバルも開催されて、市内はものすごい混雑。

地下鉄やバスなどの交通機関も乱れに乱れて、中央駅に到着するのも一苦労でしたね…

クラシックカーといっても、主流は50年代、60年台のアメリカ車ですね…

もっと古いのもあったし…

もちろん、我らがVOLVOアマゾンのリムジンかーも…

高性能エンジンを見せびらかしたり…

中には、この機会にチャッカリ車を売ろうとするのもいたり…

なので、人だかりも半端じゃない!w

いつもとは違った「人種」が多かったし…w

こんな日には、今流行りの電動キックバイクが一番スイスイと移動できます。

なので…歩道には電動キックバイクも駐車して…

おりしも、この日はPRIDEフェスティバルもあったので…

誇り高い「PRIDE人種」も、もちろん参加…

ポリスも、今日は静かに見守るだけ…

そして、僕は…

歩き疲れて…一人で静かに近くのチャイニーズ寿司屋さんで、結構美味しかった夕食を頂いたのでした!

終わり!

ストックホルムのオアシス、マリアトーリエット!

この間は、僕の最近のお気に入りの、ストックホルム市の南の島ソーデルマルムにあるイェーテガータンのコーヒーショップの紹介をしましたが、

今日紹介するのは、やはりソーデルマルムにある公園、マリアトーリエット(Mariatorget)です。

ここは地下鉄スルッセン駅の南方向に向けた次の駅、地下鉄マリアトーリエット駅付近の一帯です。

この駅のすぐ脇には、庶民の憩いの場でもあるマリアトーリエット公園があります。

スウェーデンもようやく本格的な夏の天気になり、週末ともなると夏の憩いの時を、多くの市民が過ごしにやって来ます。

ベンチに座って日光浴をする人の周りでは、ボールを楽しむ人もいますが…

ボールプレイをする人は、噴水の周りばかりでなく、道路でもやっていますね…

公園を背にしてマリアトーリエット駅に向かうと…

レストランやカフェの並ぶ、”Wollmar Yxkullsgatan” 「ヴォルマール・ユクスクルスガータン」という、ややこしい発音の通りに出ます。

ここは、ストックホルム市でも有数のレストランやカフェのテラスが並ぶ通り…

大きな店やこじんまりした店などいろいろですが、人それぞれ、飲み物や混み具合によって店を選んで楽しんでいます。

もちろん、赤ちゃんや子ども連れの人もいます。

外での昼食も快適ですし…

ヨーロッパの中部ではもの凄い酷暑ということですけど、スウェーデンはこのところ気温も25℃前後で、空気も乾いていて、快適な夏が続いています。

冬になると、北の方ではオーロラという楽しみがありますけど、やっぱり、こんな快適な夏は長く続いて欲しいと思うのは僕だけじゃないでしょうね!