サウナの話!

スウェーデンや北欧って言ったら、「サウナ」って考える人が多いかもしれません。

でも、サウナは、やっぱりフィンランドです。

スウェーデンにも、もちろんサウナはあるけど、フィンランドには、どうしても敵いません。

フィンランドでは、「サウナで生まれて、サウナで死ぬ」って言葉もあるくらいですから…。

昔から…、

フィンランドでは、家を建てる時には、まずサウナから作り始めたそうです。

で、まずサウナを作って…それから居間なんかを作っていく…ってやつですね。

昔は…、動物なんか飼っていたとしたら、サウナで飼って、人間も一緒に住む…なんてこともあったそうです。

サウナで生まれて、育って…大きくなって、サウナで生きて…そして、サウナで亡くなる…なんてことも聞きました。

サウナで亡くなるって…

まぁ、大きな声では言えないですけど…

フィンランド人は…飲むんですよね…それも、強いウオッカの…「コスケンコルバ」っていうやつ…

高温・高湿に強いアルコール…これ、やっっぱり危ないです…

それはそうとして、

とにかく、フィンランドには「家があるとサウナがある」って言われるくらいですから、やっぱりサウナの国なんですよね。

一軒家だったらもちろんサウナはありますけど、建て並んでいる住宅には共同のサウナがあるし、アパート建てだったら、地下に共同のサウナとか…

とにかく、誰でもみんな、サウナを使うってわけです。

サウナの命っていうのは、この石なんですよね。

(フィンランド的には…)

この石を、

薪を燃やしたストーブとか、電気で温めて、熱くなった石に水をかけると…グワ〜っと熱い蒸気がサウナ室に充満して…

その瞬間肌が焼けるように感じるけど、その熱さが和ぐと…

暑さをグーッと我慢して…なんて…

これが、また良いんですよね〜。

極め付きは、

熱くなった体を、外で冷やすってやつです。

もう…身体中の血管がピリピリして…

身体中の気が抜ける…みたいな感じがします。

フィンランドは湖も多いし、冬だったら、それこそ雪の中を転がったり…。

で、やっぱりフィンランドのサウナが凄いと思うのは…

その国で、みんなが話すことの話題っていろいろ違うみたいですけど…

例えば、

日本って、みんなが集まって話すことが多いのは、やっぱり食事や料理のことじゃないですか…

「あそこのアレは美味しかった!」とか、
「あの地方のあの料理は美味い!」とか…

食事をしながら、食べ物の話っての結構多くないですか?

これが、フィンランドじゃ、サウナの話なんですよね。

数人でサウナで暖まりながら、

「あそこのサウナはどうだ…」とか、
「昔のサウナは、やっぱり…」とか、
「サウナは、あれが最高だよな〜」とか…

そう、サウナにもいろいろあるんですが、

昔は、火を焚いて煙を充満させて、煤で真っ黒になりながらっていう「煙サウナ」。

それが少し進歩すると、煙は充満させるけど、それほど真っ黒にならないっていう、

まぁ、煤でちょっとは汚れるけど、身体は充分に温まるという「煙サウナ」が今でも使われてます。

そして、それが最高って言う人もいます。

それがやがて、石を熱くして水をかけて、湧き上がる蒸気で暖まる…になるんですけど、

その石を熱くするのにも、ストーブで薪を焚いて…というのもあれば、電気のヒーターで熱くするってのもある。

これがスウェーデンだと、電気ストーブで室内を熱くするというのが多いんですよ。

いわゆる「乾燥サウナ」っていうやつです。

ところが、フィンランドじゃ、電気ヒーターを使うとしても、

ヒーターの上にはちゃんと石を乗せて、熱くなった石に水をぶっかけるという、昔ながらの…でもやっぱり「本物」のサウナです。

これって、結構違いがあるんですけど…

電気ヒーターを使って部屋を熱くすると、温度も90度くらいには上がるんですが、まぁ40分くらいはジッと座ってられます。

それと比べて、

石を熱くするだけだったら、室内はそんなに暑くはなりません。

せいぜい70度くらいかな?

でも、

熱くなった石に水をかけると、蒸気で室内の温度は、瞬間的に90度くらいに、グワーっと急に熱くなるんですよね。

そうなると…

せいぜい10分も入ってれば、暑くなって、すぐに外に出て身体を冷やしたくなる。

でも…この、

「出たり入ったり」が良いんですよね…。

身体全体の血管がピリピリ収縮するの感じて…身体の中まで温まるって感じがするんです。

フィンランドのサウナが「本物」というのは、そういうところにもあるんですよね。

で、

サウナには、道具も必要です。

石に水をぶっかける柄杓と、何か熱いものに触るための手袋、熱くなった身体をピシャピシャと叩く木の枝、

まぁ、これはフィンランドならではの道具ですが、木の葉っぱは、白樺の木の葉です。

独特の香りがするんですよね…

身体にも…です。

木の葉っぱは、夏とかは新鮮ですけど、冬になっても、枯れた枝の束使います。

スウェーデンじゃ、あるところにはあるけど、そう一般的ではないですね。

スウェーデンでも、ストックホルムにあるのは、「ヒーターで暖める」だけの乾燥サウナが多いんですけど、

北に行けば行くほど、段々とフィンランドっぽくなりますから、「焼き石+水かけ」サウナが多くなります。

そして、サウナ小屋というのも、あちこちで見えるようになります。

こういうサウナ小屋って、壁の色が変わってるんで、見たらわかります。

でも、最近のフィンランドには、こういうのもある。

氷で作っちゃうんですよね…サウナを…。

「溶けちゃうんじゃねぇのか?」って話ですけど…w

もっとも、これって、なんか観光客目当てみたいな…。

スウェーデンにも、「氷のホテル」というのが最近じゃあちこち出来てきて…。

キルナに近い町に出来た「氷のホテル」が特に日本からの観光客を集めるというので、あちこち出来るようになって…

最近じゃ、ストックホルムのホテルにも「氷のバー」なんていうのがありますからね。

まぁ、

夏のスウェーデンは世界でも最高ですけど、冬も、ただ暗いだけじゃなく、「冬ならでは」のイメージで売るっていうか、

屋外を楽しむというのは、冬でも出来るって話です。

あ、

また話が飛んじゃって…w

いや、

まぁ、行ってみたいですよね…氷のサウナ!

 

「思いやり」の違う表し方!

どこの国でも文化でも、人に対する思いやりというのはあるもんですが…

スウェーデンと日本では、思いやりの表し方がちょっと違います。

例えば年の差や年齢についてですが…

僕はずっと音楽やっていましたけど、それまでのライブハウスなんかでの演奏から障害者との音楽というものに切り替わったのは、30歳も半ば過ぎた頃で…

障害者とのロックバンドを結成した時は、それから10年、もう「おじさん」と呼ばれる頃でした。

ロックバンドEKOのことでも言いましたけど、ライブ演奏なんかも、年に100回以上はやって、国内や国外のツアーもありました。

ステージで見ると、ただ「ノって」いて演奏を楽しんでいるように見えますが、

その裏では、スタジオでのパッキング、運搬の車に積み込んで…降ろして…ステージでのセッテイング…とか…まぁ「重い仕事」がたくさんあって、

もちろん、スタッフもメンバーも、全員それぞれ自分たちでやるわけです。

僕はバンドのリーダーで、デイセンターでは所長…しかも最年長…。
パッキングしたり運んだり…いろんな仕事をみんなでやるわけですが、

ここで、日本なら多分…

リーダーで所長で、しかも一番年長の僕に対して…他の若いスタッフからは、

「あ…持ってあげます」とか、「自分がやるんで休んでください」とか…

まぁ、僕の年齢やポジションを考えて、思いやりを見せてくれるでしょうが…

こっちじゃ…

「はい、オターキ、これ持って」とか、「ついでに、これも持って」とか「ほら、ボサーっとしてないで」とか、

とにかく、散々こき使われるわけですよ…。

日本じゃ「歳だから、楽にさせよう」というのが、僕に対する思いやりで、

スウェーデンじゃ、「歳だからって区別すると、本人は歳取ってると思うだろう」というんで、年寄り扱いしないのが、スウェーデン流の思いやりというか…。

だから僕は、スウェーデンと日本では、それぞれ逆の意味での「思いやり」を、それぞれ有り難く受け止めていました。

それはそれで良いんですが…

日本では、重い仕事をしなくても済む代わりに…「あ〜歳なんだな…」と思い知らされ、

こっちじゃ、「オッケー、まだまだやれる!」と、歳を感じない代わりに、重いものを持たされる…というか…

まぁ、それぞれ意味は違うけど、軽かったり重かったり…
でも、思いやりですから…その両方とも有難く受け止めていました。

もちろん、「どっちが良い?」という問題ではないのは当たり前です。