平等と公平の話…

ずいぶん前になりますが…

スウェーデンのマスコミが、政権を長く維持している、いわゆるリベラルと言われる社会民主党と、日本で言えば自民党に当たる穏健党の違いを、端的に比較していました。

それによると、マスコミに取り上げられた形で、今まで社会民主党が掲げているフレーズで一番多いのは「平等」であるのに対して、穏健党が一番挙げているフレーズは「公平」という言葉だそうです。

「平等=Jämlikhet」と「公平=Rättvisa」は、似たような意味にも取られるし、平等=公平と考える人も多いかと思うんですが…

よ〜く考えると、時には真逆な意味を持つんですね。

何かを分け合う時に、平等に分けるというのは公平に分けるのと同じか…というと、まるっきり形が違う場合があります。

例えば…

僕がスウェーデンで満席のロックコンサートに行って、後ろの方の立ち見席で見るとします。

僕は普通のスウェーデン人より背が低いので、背伸びをしても見えるのがやっと…という事実がありますよね。

もしかしたら、きっと背伸びをしても届かないでしょう。
何せ、スウェーデン人は僕よりも首ひとつは背が高いですから…

それで、僕だけが見えないのは他の見える人と比べると「不公平」なので、椅子か台をもらって、そこに立つとみんなと同じように見ることが出来ます。
これで、僕はみんなと「平等」になるということですよね。

これを、僕が「不平等を正して公平にしてもらった」というと、必ず「それは公平ではない、不公平だ」という人が出てきます。

「公平」という立場から見ると、僕だけがその椅子か台をもらうというのは「不公平」なんですね…

僕が椅子や台をもらうのであれば、他の人にも同じように配って、初めて「公平」になるというわけです。

そうすると、今度は「平等」にしてもらった方がまた「不平等」になり、「じゃあ、それを公平というのか?」ってことになって、これがまた延々と続く…という話です。

平等を大切にすれば、持ってない人が持ってる人と同じようになるように分配しなければならないけど、
公平が大切とすれば、人には同じように分配しなければならないっていうわけです。

ちなみに…ですけど、
日本とか英語圏では、この解釈が全く逆ですね。

みんなに同じように与えることを「平等」と言い、同じにするために「違うように」与えることを「公平」と言っているようですけど、

スウェーデンの政党の主張から見ると、逆の話です。


社会民主党が主張するのは「平等」で、


穏健党では「公平に…」です。

僕がスウェーデンに来た頃、仕事につくにはスウェーデン語が出来ないと就業できないので、職安から1ヶ月分の給料と同じ額の補助金をもらって、スェーデン語の学校に2ヶ月行きました。

そこでスウェーデン語を習って、話せるようになると仕事をして、税金を払って…次の「スウェーデン語が話せない人」がまたその税金から出る補助金で学校に行って…となるわけですけど…

これ…特に、一般の裕福ではないスウェーデン人からは、表立っては言われないけど…不平や不満が聞こえて来ましたね…

「スウェーデン語を話さない外国人だけが、仕事もしないうちから補助金をもらって、こっちは暮らしもやっとなのに、何ももらえないのは不公平だ」って…

人が平等になるために、持てる人には税金を多く払ってもらって、持ってない人に何かの形で分配するというのは、一見当たり前に聞こえますけど、

それを、不公平という人もいる。

でも…
でも…ですよ…

背の低い僕が、みんなと同じように見えるために台をもらって平等になるとしたら…やっぱり、それは「公平」なんじゃないでしょうかね?
だって、人と同じ立場に立つため…ですから…

政治や経済とか福祉とか…とにかく「分配」が必要な部分では、「平等」にするのか「公平」にするのかで…あっちは右だとか左だとか騒ぎます。

前に税金の話をしましたけど、税金の多い少ないよりも、それが弱いものを平等にするために分配するのか、それともみんなに公平にすべきかってところで、右だ左だと言って、協調は出来ないって言ってます。

最近は、世界中で格差が問題になってるけど…

「格差がなくなるように、金や手段を平等に分配しろ!」という人がいるかと思えば…

「金持ちは、それだけ社会に貢献してるんだから、格差があるのは当然だろ!
配るんなら、みんなにそれぞれ公平に分配しろ!」って、また格差が広がる…。

それを右とか左とかで分けるのもまた単純な話だけど…
スウェーデンと日本や英語圏で「平等」と「公平」の解釈が逆だというのも、また変な話ですよね…

考えてみれば、政治の世界じゃ、「平等」だの「公平」だの…都合の良い時に、それぞれ都合の良いように解釈してるんでしょうかね?

そこで、単純な僕らが振り回されて…なんて…
そこにいくと、ロックの世界は穏便で…平和で、良いもんです!

アリーナで何万人も集めるロックスターは、ロールスロイスなんか何台持っていたって…だ〜れも、な〜んにも言わないです。
当たり前だと思ってるし…

それに、見えなくても「そんなの関係ねぇ!」と思ってるのがいっぱい!

そこで、「俺はただの観客だけど、俺たちがいるからこそ、お前はステージで怒鳴っていられる!」、「だから、俺にも少なくともBMWかベンツをよこせ!」なんて、誰〜も言わないですから…

もう、平等も公平も関係ないっ!

あ、こういう話は…お呼びでない…
失礼しました!w

税金の話

日本でよく聞かれることに、「スウェーデンって、税金が高いんでしょ?」というのがあります。

特に、消費税のことが話題となるたびに、スウェーデンでは消費税が25%ってことで日本と比較して話題になることが多いですけど、

僕がよく聞かれるのは、「スウェーデン人って、文句を言わないの?」ってことですね。

僕はそう聞かれると、大概は、「あまり文句を言わないですね…」って答えるんで、「へ〜」と、みなさん怪訝な顔されます。

まぁ、僕は日本人なので、スウェーデン人に聞く方がわかりやすいし、本当のことが聞けると思って、日本の人がスウェーデン人に聞くと、

「いや、福祉を支えるために必要だ」とか、「得るものが大きいから、当たり前」とか言うのが普通で…中には、「もっと払っても良いと思ってる」なんて言う人もいるらしい…。
もっとも、これはスウェーデン人が外国人に聞かれた時に平均的に答えることなんですけど…

こっちにいて税金のことが話題になると、

特に若い世代は、今はEU間では自由に就業が出来るんで、税金の安い国で働きたいと思っている人が多い…ということも聞くし、

また、特に最近は移民や難民の問題もあるんで、「税金の多くが、移民政策に使われている」という不満も多くなって来ているみたいです。

でも、これは税金が高過ぎるということではなく、むしろ税金の使われ方の問題だと思うんですよね…。

そもそも、一般の市民って、正直、「税金を払い過ぎ」って実感があまりないと思いますね…。

なぜって、

給与をもらう時はもう既に税金引かれてるし、消費税だって、ものの値段に含まれてるから、「消費税がいくら…」なんてあまり考えない。

「商品の値段は、それ!」です。

税金として、僕らが実際に払うとわかっているのは、所得税と消費税だけですかね…

もちろん、メッチャ高い酒やタバコ税とか、車とか贅沢品とか…生活の必需品以外にかかる税金というのはあるけど、普通はそんなもんです。

なので…税金自体は怖くもなんともないけど、でも収入があるほど税金も高くなるんで、収入の申告は、みんな気をつけてます。

この税務署のロゴがついた郵便がくると、一応は「ギクッ!」としますからね。

税金の額はというと…

所得税として払うのは、各自治体に平均して約30%、消費税は、普通は25%。
所得税は軽減税率が導入されてるんで、食料品や宿泊費は12%、公共交通、書籍・新聞、コンサートやスポーツのチケットなどは6%。

なので、全部が25%じゃなく、生活の結構多い部分では、実際には、そんなにかからない。

…と、まぁこう説明しても、「実感としてはどうなのよ?」というのがよく見えないので、わかりにくいのは確かでしょう。

僕、ある時日本で、当時の在日本スウェーデン大使に…

「オターキさん、あなた…日本で、スウェーデンの税金ってどう説明してる?」
って聞かれたことあるんですよ。

大使曰く、

「日本で税金のことよく聞かれるけど、説明しても、中々わかってもらえない」ってこぼしてました。

で、僕が説明した「説明の仕方」ですけど…
例えば…僕の給料が1万円とします。

で、雇用主は僕に1万円の給料出すのに、45%の雇用税を国に収める。
これが失業保険とか健康保険とかに使われる。
もちろん国防費とかも…ね。

つまり、僕に1万円の給料を支払うために、雇用主は4500円を国に支払ってるわけです。

僕の給料の1万円からは、自治体への住民税として3000円が引かれて、それは、福祉サービスに使われる。

なので、僕には、1万円から3000円引かれた7000円が手取りとして残ります。

ということは、僕の給料1万円に対して…

雇用主が国に支払う4500円と、僕の住民税として引かれた3000円の合計7500円が税金となっていて…僕は、その手取り7000円をもらって、25%の消費税を払って暮らしている…という具合です。

そうすると、僕が1万円の給料をもらうことで、実に7500円の税金が国と自治体に行ってるってわけですよね。

1万円の給料で税金が7500円というと、そりゃ …とてつもなく高い税金に聞こえるでしょう。
加えて、生活していく上で消費税が25%…

と考えると…税率としては何パーセントになるか計算も難しいんですけど、
「うわ〜、ほとんどが税金じゃん!」と、日本の人が思うのもわかりますね…

でも、僕が生活する上での実感としては、雇用主が払う4500円というのは、もともと雇い主が払うもんだし、住民税だって、初めから引かれてる。
なので、実感的には、1万円の給料で、手取りが7000円としか思えません。

僕が「高い給料が欲しい」と思う時は、手取りの7000円がもっと増えて欲しいと思うだけですから、「税金がもっと下がって欲しい」じゃなくて、「もっと手取りが欲しい」になるんで、あまり税金のことは考えないってことです。

それと…スウェデンじゃ、

・水道料は無料。
・教育費は大学まで含めてすべて無料。
・医療は18歳以下と85歳以上は無料。
・成人の診察料は自己負担で、年間で最大約1万3000円。
・薬品代が、年間2万5900円以上は無料。

なので、暮らしにそんなにお金がかからんし、家庭を持っても、教育費は無料ですからね。


幼稚園


中学校

大学

大学は無料といっても、これは授業料で、書物なんかは自己負担ですけど、
入学金なんてものは、もちろんないです。

それに、ほとんどの学生は学生組合から奨学金をもらって、学生寮やアパートで
暮らしてます。

なので、日本のように「親のスネかじり」とか、親からの「仕送り」なんて皆無に近い。

だって、子どもが18歳過ぎると大人として扱われるので、親も経済援助はしないし、学生も、生活に困るといろんな補助金が出るので、親のスネかじる必要もないですから…

スウェーデン人が税金に対して文句を言わない理由の一つに、多くの人が「政府(国)を信用してる」というのがあると思います。

文句を言いたい人は、そりゃいるでしょうが、そんな時に有効なのは、やっぱり選挙でしょう。

スウェーデンの選挙の投票率は80%以上だし、若い世代ほど投票率も高い傾向にあるので、「文句」は、当然選挙に表れますから、いろんな政党も、当然世論を意識した政策を出していかなきゃならないですからね。

みんなが「税金が高すぎる!」と思ったら、そりゃ大幅な減税を主張する政党が勝つでしょうけど、実際はそうもならないですね。

最近の選挙の後で、長らく首相が決まらないという状況が続きましたけど、

これも、スウェーデンには、いろんな意見があって、それぞれ同じような数の支持者があるってことでしょうけど、税金の問題でもない。

やっぱり「高税高福祉」ってことでは、右も左も基本的には同じですし、
要は、税金の使い道の考え方の問題なんだと思います。

はい、「高税だけど、税金が高いとは考えない」…という話でした。