「思いやり」の違う表し方!

どこの国でも文化でも、人に対する思いやりというのはあるもんですが…

スウェーデンと日本では、思いやりの表し方がちょっと違います。

例えば年の差や年齢についてですが…

僕はずっと音楽やっていましたけど、それまでのライブハウスなんかでの演奏から障害者との音楽というものに切り替わったのは、30歳も半ば過ぎた頃で…

障害者とのロックバンドを結成した時は、それから10年、もう「おじさん」と呼ばれる頃でした。

ロックバンドEKOのことでも言いましたけど、ライブ演奏なんかも、年に100回以上はやって、国内や国外のツアーもありました。

ステージで見ると、ただ「ノって」いて演奏を楽しんでいるように見えますが、

その裏では、スタジオでのパッキング、運搬の車に積み込んで…降ろして…ステージでのセッテイング…とか…まぁ「重い仕事」がたくさんあって、

もちろん、スタッフもメンバーも、全員それぞれ自分たちでやるわけです。

僕はバンドのリーダーで、デイセンターでは所長…しかも最年長…。
パッキングしたり運んだり…いろんな仕事をみんなでやるわけですが、

ここで、日本なら多分…

リーダーで所長で、しかも一番年長の僕に対して…他の若いスタッフからは、

「あ…持ってあげます」とか、「自分がやるんで休んでください」とか…

まぁ、僕の年齢やポジションを考えて、思いやりを見せてくれるでしょうが…

こっちじゃ…

「はい、オターキ、これ持って」とか、「ついでに、これも持って」とか「ほら、ボサーっとしてないで」とか、

とにかく、散々こき使われるわけですよ…。

日本じゃ「歳だから、楽にさせよう」というのが、僕に対する思いやりで、

スウェーデンじゃ、「歳だからって区別すると、本人は歳取ってると思うだろう」というんで、年寄り扱いしないのが、スウェーデン流の思いやりというか…。

だから僕は、スウェーデンと日本では、それぞれ逆の意味での「思いやり」を、それぞれ有り難く受け止めていました。

それはそれで良いんですが…

日本では、重い仕事をしなくても済む代わりに…「あ〜歳なんだな…」と思い知らされ、

こっちじゃ、「オッケー、まだまだやれる!」と、歳を感じない代わりに、重いものを持たされる…というか…

まぁ、それぞれ意味は違うけど、軽かったり重かったり…
でも、思いやりですから…その両方とも有難く受け止めていました。

もちろん、「どっちが良い?」という問題ではないのは当たり前です。

今日の散歩道!

このところ連日雨模様で、気温も16℃と涼しい日が続いていて、あまり夏という感じがしていなかったんですけど、今日は22℃に上がって、快晴。

これから何日かは少し夏模様になるかな…という感じです。

それにしても、ヨーロッパは酷暑と言われていますけど、こっちはちょっと冷夏気味ですね…どうしたんでしょう…

まぁ、最近は引きこもりがちで運動不足なところから、今日は久しぶりに森の中を散歩してきました。

濃い森の中は、深く息をすると…森の精気が身体に染み込んで来るようです。

森林浴とでもいうんでしょうか…

風がなくても、耳を澄ますと木々の音が聞こえるようです。

獣道ならぬ小道の緑も眩しく…

そして、スウェーデンの森といえば、樅の木と松の木…

少し歩くと、我らがルンド湖…

いつものコース、ゴルフ場まで来て…

帰り道では森の精に挨拶をして…

およそ6キロの道を歩きました。

久しぶりでしたけど、やっぱり気持ちよかったです。