オーベルカーリックスへの道!

⚫︎北の町、オーベルカーリックス

オーベルカーリックス(Överkalix)というのは、おそらく海外旅行に詳しい日本の人にしても、あまり聞いたことのない地域だとは思います。

スウェーデン人でも、「カーリックス」というこの地域の比較的大きな町のことは「北にある町」として知っている人が多いので、「大体その辺だな…」といった程度の認知度だと思いますね。

僕の場合は、昔からの仲の良い友達がそこに引っ越して、何回か訪ねにいったことがあるので知っているわけですが…

僕は、この北極圏のすぐ近くにある町が大好きです。

ストックホルムからは、車で行くとE4ルートを通って約1000キロ、まっすぐ走り続けても約11時間半かかりますから、普通だとどっかで1泊する距離です。

分かりやすいように日本語でググると「エベルカーリックス」って出てきますが、このÖverkalixの「Ö」というのは、発音的にはオとエの中間というか、何とも独特の発音で、外国人にはすごく発音しにくい音で、エと出るのも仕方ないかな…って感じですけどね…。

とにかく…このオーベルカーリックスに行くのには、このE4ルートの他にも、ダーラナ地方を通って行くという手もあります。

E4ルートだと、ウプサラを超えてイェーブレを過ぎるとバルト海沿いに海岸線を通るので、まぁ、それぞれの町を堪能するにしても、あまり変化は期待できないかも…ですね。

なので、僕が行く時はダーラナを通って、ヨックモックというサーメ色の強い地域も通って…という道になることが多いです。

オーベルカーリックスの中心地は、スウェーデンでも大きい川の一つであるカーリックス川と、その脇を流れるエンゲセ川が合流して出来た中洲にあります。

オーベルカーリックス市は、広さが2919㎢ですから、神奈川県よりもちょっと広いという面積に、人口は全域で3300人、そのうち市街地に住んでいるのはおよそ1000人ですから、分かります?…この人口密度の少なさ…。

そうなんです、町の一歩外は、全くの原野です。
それも、ラップランドの大原野で、車で何時間走っても周りは森林と湖…。
北に50キロ行くと、「ここからは北極圏」という看板が立ってます。

この看板のあるところ、つまり北極圏の線上のうえをピョーンと飛んで越えると、またこの地に帰ってくるという話ですから、「トレビの泉」のコインみたいな話です。

でも、とにかくここまで来ると「北極圏」。
当然、サーメ人が住んでいますし、今は観光客にサーメ小屋も見せてくれます。

サーメ人といえば、これまた当然のようにトナカイがいます。
それも…おびただしい数の…。

まぁ、こんな数のトナカイの中にいてもしょうがないですけど、ちゃんと観光客相手をしてくれるトナカイもいます。

ヘラジカだっていますからね。

この1000人ちょっとチッコイ町ですけど、この街中には、病院とか高齢者住宅とか障害者のグループホームやデイセンター、警察や商店街とかちょっとした工場とか、一つの町が機能するものがほとんど揃っています。

それと…ここはやっぱり北極圏のすぐそばで、フィンランドやロシアとも地理的にも文化的にも近いので、ロシア正教の影響を受けた教会もあれば…

キリスト教がスウェーデンに入ってきた頃の、バイキング風の屋根の教会まであります。

この町に流れているカーリックス川はまた、スウェーデンでも有数の鮭の産地で、釣り好きには知られてます。

この町のレストランでは、鮭の料理を食べながら、鮭の話をしますからね…。

釣りといえば、冬に凍った川で穴を開けて釣りをする、こっちでいう「ピンペル釣り」というのも、冬の風物のひとつ。

ここでは、ピンペル釣りの世界選手権なんてのもありますから…。
もっとも、出場国は、お隣のやっぱり北極圏のある国が多いですけどね…。

でも、夏は夏で盛大に祝うことが多く、夏至祭には…どこにも負けない盛大な夏至祭りやりますし…

また、毎年、近郊地域から大勢人が集まって賑わう「夏の市」も開かれます。

この小さな町に、それこそ何千人と集まりますから、この町唯一のホテルも、この夏祭りだけで採算が合うんじゃないかって思うほどですけど、とにかく町の大きさを考えると、大きくて豪華なホテルです。

いや、「夏の市」だけじゃないですね…!
このオーベルカーリックの自然は、夏の白夜の時期は、とにかく輝きます。

でも、圧巻は、やっぱり「オーロラ」でしょう。
早い時には9月の末から、遅くは4月の初めまで、とにかく天気が良くて空が見えれば、何日も…毎日でもオーロラが見えます。

何だか、まるでオーベルカーリックスの観光大使になったような気分ですけど…

スウェーデンは自然が素晴らしいという中で、オーベルカーリックスはその多様性が僕は好きです。

車でキャンプして、ラップランドに来るなら、ここは絶対外せないですね…。

ダーラナへの道!

ストックホルムから車で北西に向かって約215km、高速道路を約2時間ちょっと走ってボーレンゲ(Borlänge)に入ると、そこからはダーラナ(Dalarna)地方です。

日本では、よくダーラナ地方のことを「スウェーデンの心の故郷」というように言われているようですけど…

スウェーデン人に「あんたの心の故郷ってどこ?」と聞いたら、普通は「う~ん…」と一息も二息も考えて、「もしかしたら、ダーラナかな…?」と答えると思うんですよね…。

スウェーデンじゃ「心の故郷」って言い方はしないので、「スウェーデンのハート」という表現になると思うんですけど…スウェーデン人は大体において自尊心も強い方だから、地方の人に聞くと、まずは自分の地域がそうだろうと思うでしょう。

ちなみに、参考のためにスウェーデン語でダーラナというのをネットで検索してみると、「スウェーデンの心の故郷」というフレーズはなく、

その代わり「スウェーデンのハート」という言葉が、スウェーデンの中部にある地域のいくつかのサイトにありました。

これはきっと、「心臓部」という地理的な意味で使われているんだろうと思います。

ところが、日本のHPにはそれが軒並みに出ていて…見ると、そのほとんどが旅行業者やスウェーデングッズの販売のサイトです。

おそらく、観光やグッズの販売などでダーラナの魅力を伝えるために、そのキャッチフレーズを使っているんじゃないかと思いました。

推測ですけどね…。

とは言え…、確かにダーラナ地方というのは、

原野が広がり、サーメ人の文化もあるし、森や湖はもちろん、他の地方には少ない山岳地帯もあるという自然にも恵まれ…赤色の家や小屋や、さらには民謡や民族衣装も有名で…

とにかく「スウェーデンらしさ」がいっぱい詰まっているところです。

何よりも、スウェーデンの心臓の位置っていうか、真ん中の中部地方にあるので、「スウェーデンのハート」というのも、あながち間違いではないかもしれません。

でも、僕が「ダーラナ」と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やっぱり民謡や民俗音楽とか夏至祭ですね。

スウェーデンの音楽といってもいろいろあるんですが、こちらのポピュラー音楽は、日本ではスウェーデンポップスとも呼ばれ独自のジャンルにもなっていて、日本でも流行るくらいですから、日本人にも響くメロディーを持っています。

アメリカのカントリー音楽では、アイルランド民謡と同じようにスウェーデン民謡の影響がたくさんあって、これもアメリカ人には馴染みやすいものがあります。

ちなみにですが、あの世界的にポピュラーなABBAのリーダーのベニー・アンダーソンは、ダーラナでは有名な民俗音楽一家の一員で、小さい頃から神童ぶりを発揮していたそうです。

その他にも、スウェーデンにはダーラナ出身のミュージシャンや、グループがたくさんいます。

そんな訳で、

ダーラナは誰しもが認める「スウェーデン音楽の故郷」でもあるし、また全国にあちこちにある民俗衣装の中でも、やっぱりダーラナの民俗衣装というのは最もスウェーデンらしいものだと思います。

それと、スウェーデンに来る外国からの観光客が購入する「お土産」の中で、圧倒的に多いのは、何と言っても「ダーラへスト」と呼ばれる木彫りの馬でしょう。

ストックホルムの観光お土産店に行くと、とにかくこのダーラヘストがいたるところに並んでいて、ある意味壮観です。

これは、昔からダーラナ地方に生育していた馬の木彫りを、遊びとして家庭で子供に作らせていたものが、やがてこの地方のお土産として各地で売られて…、そのうちに、スウェーデンを代表する物産品となっていったというものです。

思い出したんですけど…

僕がストックホルムに来て少し経った頃、デパートの売り場でダーラヘストを見て、ふと底の方を見てみたら、なんと「Made in Japan」と書いてあったのを見てびっくりしたことがありましたね…。

まだ60年代の頃でしたけど…それ見て「日本人の商魂はすごい!」と思ったもんです!

ちなみに、僕は札幌生まれの「道産子」ですけど、「道産子」というのは北海道に生息していた馬のことなんですが、昔から北海道のお土産としては「木彫りの熊」が有名で、肝心の馬のことはあまり知られてなかったですね…。

すいません、横道にそれました…

もう一つ、ダーラナをして敢えて「スウェーデンの心の故郷」というものがあるとすれば…

1500年代に、当時の国王グスタフ・ヴァーサがデンマークと戦争をして、一時は負けそうになったグスタフ・ヴァーサ国王がダーラナ地方に逃げたんですが…1521年にグスタフ・ヴァーサ国王の軍隊が、デンマーク王のクリスチャン2世の軍隊をダーラナで破って、結局この戦争に勝利して…

その後グスタフ・ヴァーサ王は、「スウェーデン建国の父」と呼ばれて今に至っている、ということがあります。

スウェーデンはバイキングの国ですから、昔からあちこちで戦いはあったんですけど、このスウェーデン・デンマーク戦争に勝利してからはヨーロッパでも強国として栄えましたから、この1500年代の建国というのは、スウェーデンの歴史でも誇り高い出来事であることには違いありません。

また話は飛びますが…

ストックホルムにある、世界的にも有名なヴァーサ博物館に展示されている当時世界最大の戦艦の名前も、このグスタフ・ヴァーサから来たものです。

そのグスタフ・ヴァーサ国王が、セーレン(Sälen)からモーラ(Mora)に逃亡した94kmの道は、その後スウェーデンの有名なスキー大会であるヴァーサロップ(Vasalopp)となって、今は日本でも、北海道でヴァーサスキー大会として盛んに催されています。

夏至祭りは、文字通り夏至のお祭りで、スウェーデン全国で行われ、観光的には、ストックホルムの野外博物館であるスカンセン(Skansen)での夏至祭りが有名かもしれませんが、

ダーラナ地方の夏至祭りは、やはり民俗音楽や民族衣装とのコンビネーションもあって、最もスウェーデンらしい夏至祭りだと思います。

ところで、

スウェーデンには、アンダーシュ・ソーン(Anders Sorn, 1860~1929)はじめ、世界的に有名な画家が大勢いますが…

その中でも、カール・ラーション(Carl Larsson, 1853~1919)は、最もスウェーデンらしい画家であるといっても過言ではないと思います。

彼は元々ストックホルムのガムラスタンに生まれたんですが、その後ダーラナに移って、特にダーラナ地方独特の家屋や家具なども含めた風景画を描きました。

僕がスウェーデンに来てから間もなく、ストックホルムの美術館でカール・ラーションの絵画を見た時に、「あ、これがスウェーデンなのか…」と、強く印象に残ったのを今でも思い出します。

その後ダーラナのファルーン(Falun)で亡くなりましたが、ファルーン市にある小さな町スンドボーン(Sundborn)には、彼が住んでいた家がカール・ラーション・ゴーデンという博物館・美術館として残され、多くの観光客を集めています。

カール・ラーションは、王立美術学校に学び、その後フランスに移って活動もしましたが、帰国後は「王立美術学校に反逆する芸術家協会」に参加して、それは、その後の「反逆者運動」(オポーネント、pponent)に繋がり、やがてそれは、スウェーデンの近代美術の動きを前面的に動かすキッカケにもなりました。

ダーラナの話がスウェーデンの芸術運動の話にまで飛んでしまいましたが、ダーラナというのは、とにかく「スウェーデンがいっぱい」の地方です。

特に夏の白夜の時期、そしてキャンピングには「最高」ですね!