Profile プロフィール

こんちは、
オターキこと大瀧昌之です。
スウェーデンでは、オターキと呼ばれます。

ちなみにですけど…
しばらく自分の姓を「大滝」と書いていたんですが、日本で免許証を取得する時に、僕の名前は「大瀧」と書くということがわかって、それからは「大瀧」と書いています。
(どうでも良いんですけどね…)

1969年に片道切符で渡欧、スウェーデンに入国してから…通算50年。

当時は「北欧無宿」と呼ばれていたヒッピーで、担いで来たギターを手に10年くらい音楽生活やってましたが…

1979年に職安で紹介された障害者の施設に勤めてから…施設の支援職員を経て音楽セラピーを担当することに…

「音楽療法って、何をどうするの?」から始まって、音楽療法を習得するために王立ストックホルム音楽大学で学び、再び知的障害を持つ人たちとの音楽に専念。

そんな生き様を数年してから…

「セラピーとして四角い部屋の中で音楽するより、俺たちの音楽を聴きに来る観客と一緒にステージの上で思いっきり演奏する方が、よっぽど活性的で療法的だ!」という…

極めてロックンロールな体験をしながら…スウェーデン国内や国外で演奏活動して、1992年、1994年、1996年と1998年には日本公演もやりました。

日本中36都市での公演と、それ以降毎年日本でいろいろ交流する中、ホントに大勢の人や施設や団体と交流…。
それが、クラブEKOという仲間たちとの交流の場につながりました。

その後いろんなことがあって、EKOやデイセンターからも離れ…日本に飛び…

いろんなふれ合いを体験しながら…12年間日本で過ごす…という、まさに渡り鳥生活の後、2015年にスウェーデンに戻り…今は年金者生活やってます。

いろいろ振り返りながらも、生まれた国日本と自分で選んだ国スウェーデンの間で自分が出来ることといえば、遠くて近い日本とスウェーデンの架け橋になることかな…と思う今日この頃です。

「へ〜、でも、どんなことやってきたの?」と思う人もいるかと思うんで、簡単な略歴なんかも載せますね!
初公開ですけど…。

ところで、このサイトでは「お問い合わせ」を使ってません。
スパム投稿が世界中から入ってくるんで…。

でも、一応コンタクト出来るように連絡先だけ載せますね。

メール: motaki07@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/masayuki.otaki

…ということで、ご縁があったらよろしく!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大瀧昌之 プロフィール

●1945年 10月12日 札幌市に生まれる
●1959年 北海道立札幌西高等学校卒業後、日活株式会社北海道支社劇場課入社
●1961年 日活を退社、中央ソニー株式会社に入社、働きながらアマチュア演劇活動を行う
●1962年    プロ劇団「劇団サッポロ」に入団
●1964年    上京、劇団三期会演劇研究所に入所
●1966年    劇団「三期会」入団
●1969年9月 片道切符で訪欧 スウェーデンに入国
●1970年 ストックホルム大学IESスウェーデン語科に入学、同時にクラブやライブハウスで音楽活動を行う
●1979年 知的障害者の入所施設「ビヨーンクラ」に勤務
●1980年 入所者(約150名)の音楽活動のシステム化に参加
●1981年    ストックホルム援護局支援職員養成学校に入学
王立ストックホルム音楽大学音楽療法科に入学
●1985年 市内10箇所のデイセンターで音楽サークル活動
●1988年 知的障害者デイセンターでロックグループ「EKO」結成
県自治体南地区援護局の音楽セラピストとしての活動の他、教育公団ABFの音楽サークルリーダーの指導
●1991年 ナツカ市で知的障害者のデイセンター「EKO」設立
●1992年、1994年、1996年、1998年、EKO日本公演ツァー
●1995年 「クラブEKO」を設立、ワークショップ、講演活動を行う
●1999年 デイセンター「EKO」を退職、フリーとなる
●2001年 北九州市立大学文学部人間関係学科客員教授就任
●2003年 栃木県足利市の「むつみ会」総合アドバイザー就任
●2005年 「日本スウェーデン福祉研究所」アドバイサーに就任、緩和ケアに基づく認知症ケア教育とタクティール・マッサージをスウェーデンから導入
●2009年 「スウェーデン福祉研究所」にアドバイザーとして就任
●2010年 埼玉県鴻巣市の法人「一粒」の顧問に就任、同年「日本ハプティックセラピー協会」設立
●2013年 東京都、埼玉県、神奈川県の施設で音楽セラピー活動を行う
同年「スウェーデンハンドセラピー協会」を設立
●2015年 スウェーデンに帰国
●2017年 「北欧福祉研究所」顧問に就任、現在に至る。

著書:  「スウェーデンの社会福祉と音楽療法」音楽之友社 2003年

著書:  「EKO・こだまするもの」かど創房 1992年

翻訳:  「さようなら施設」オーケ・ヨハンソン著 ぶどう社 1997年