スウェーデンの音楽療法(その1)音楽療法の背景と流れ

⚫︎障害時の療育と障害児教育

スウェーデンにおける音楽療法を考える場合、音楽療法と音楽教育というものは元来異なるとはいえ、やはり障害児の療育という分野と、また療育においての音楽教育というものを抜きには考えられません。

なぜなら、スウェーデンの音楽療法の出発点は、「特別教育」と呼ばれる分野である障害児の療育における音楽活動であり、そのことはまた、現在に至るまでの音楽療法の流れやそのあり方に大きな影響を与えてきたからです。

音楽療法という概念がスウェーデンで語られ始めたのは、50年代にアメリカやイギリスを経てそれが入ってきてからですが、スウェーデンではちょうどハビリテーションの概念やシステムが確立されてきた頃で、障害児のみならず成人の知的障害者の領域でも、それまでの「間違いを正し、ものを教える」という方向の教育や生産性を目指す活動から、「それぞれの能力を伸ばす」方向で、生活能力の向上や自立と社会参画を目指す「環境療法的」な教育や活動への変革の動きがあった時期でもありました。

そして、その中で、特に先進的な障害児教育に携わっていた音楽教師や「特別教育教師」などが、認知や機能の向上、アイデンティティーや自己意識の確立、また人間関係を深めるために音楽を使うという音楽療法に関心を持ち、養護学校や施設などでその手法を取り入れていきました。

また、医療の分野では精神病院や精神障害者のリハビリ施設などで音楽活動に携わっていた人たちや一部の精神科医や心理療法士によって、音楽を精神・心理療法で取り上げる試みも行われました。

「特別教育」的な方向は「教育的音楽療法」と呼ばれ、一方で医療の分野での実践は「臨床的音楽療法」と呼ばれていました。

⚫︎音楽療法協会の結成と音楽療法士の養成

その流れの中で、1968年には「北欧教育的音楽療法連盟」が結成され、やがて北欧の各国がそれぞれの組織を結成するということで発展的解消となり、翌年の1973年には「スウェーデン音楽療法協会」が結成されました。

そして、協会が設立されたことにより、各種の研究会や講演なども組織立てて行われるようになり、また広報活動を通じて、音楽療法という概念がより広がっていきました。

1970年代は音楽療法を実践してきた「パイオニアの時代」と呼ばれていますが、音楽療法協会が設立され、それら教育的音楽療法と臨床的音楽療法のパイオニアの活動も報告されるようになると、音楽療法の教育と音楽療法士の養成が強く望まれるようになり、1981年に当時音楽家で作曲家でもあったクート・リンドグレンのイニシアティブによって、ストックホルム市にある王立音楽大学に音楽療法のコースが設置されました。

当初は、王立音大の教育学部リトミック学科に属した特別コースでした。

その後、ショーヴィーク国民高等学校やインゲスンド音楽大学に音楽療法学科が設けられ、スウェーデンでの音楽療法の教育と音楽療法士の養成が、それぞれの方向で確立されていきました。

スウェーデンには、18世紀にグスタフ3世が創設した「アカデミー」という学術団体の権威がありますが、その中の一つに「王立音楽アカデミー」があり、1993年にその音楽アカデミーが音楽療法に関しての会議を設け、音楽療法を科目として持つ各種の学校が集まって、スウェーデンにおける音楽療法教育の現状が議論されました。

また1994年には、ストックホルム市で「北欧音楽療法会議」が開かれ、北欧諸国から専門家が集まり、その中で、スウェーデンにおける音楽療法の教育のレベルや考え方に大きな違いがあり、それらが三つの方向として現れていることも明確にされました。

現在スウェーデンには、「スウェーデン音楽療法協会」が発展した形として、国内の音楽療法士や音楽療法に関心を持つ人たちの組織として、「スウェーデン音楽療法連盟(FMS)」という組織に統合されています。

財布のいらない国

今日、街へ出がけに、交通カードが入っている財布を手にして…
ふと…「何で財布を持ち歩いてるんだろう?」って思いました。

考えてみれば、4年前にこっちに戻って来てから現金を使ったことがあまりないんですよね。

店での買い物も市内の交通も全部カードで支払ってるし、そのため、財布の中に現金が入っていることもほとんどない。

もう、「現金なんてずいぶん長い間使ってない!」という人は随分多いでしょう。

そう、スウェーデンは日本では想像出来ないくらいの「キャッシュレス」が進んでいる国なんです。

1年くらい前に、今までの紙幣が全部使えなくなって新紙幣に変わったんですが…それでも、こんな紙幣を見ることも、今ではほとんどありません。

「使えないんなら、何で新しい紙幣に取り替えるのかな?」とも思ったんですけど、とにかく、住んでる僕でもスウェーデンのお金を見ることは少ないので、もう、お札やコイン見ても、それがどこの国のお金なのかも思い出せないくらいです。

何せ…「現金の使用お断り!」の表示が出てる店がたくさんあるんですよ。

スーパーや商店街のお店は、ほとんどというか…、少なくともストックホルムじゃ、どこでもみんなカード払いですし、とにかくレジでお金を支払っている人をほとんど見かけないんですから…。

日常生活の要であるスーパーでも、「現金は使えません!」という表示があるくらいだから、もう財布は不要だって言っても良いと思います。

スーパーや普通のお店だけじゃなく、床屋や街頭での花屋とかお土産屋さんでも「カード払い」が普通になってるし、もちろん市内の交通も、日本のSuicaのようにカード払いです。

もっとも、市内の地下鉄には改札口はあるけど、郊外の鉄道の駅には、改札口というものさえないのが普通ですけど…。

街の野外市場でも同じです。

僕がこっちに戻って来た2015年くらいだと、野外市場じゃカード読み取り機を持ってる店もまだ少なくて現金が通用していたんですが、

他の街はともかく、今のストックホルムでは、そういう市場でもカード機を持っている屋台の店が多くなって来ました。

でも、困ることもあるんですよね。

カード読み取り機というのも機械だから、やっぱり時々故障したりデータが読み取れない、なんていうこともある。
そんな時にはレジに列も出来るし、買い物も出来なくなる危険性があります。

でも、そんな時に使われるのが、「Swish=スウィッシュ」という支払い方法です。

これは、もともと個人間の支払いに使われるように、銀行と電話通信業者が連携したアプリをスマホで利用するように開発された、おそらく世界でもスウェーデンが最初に取り入れた支払い方法です。

要は、Swishを起動して、電話番号を入力して「支払い」をタップすると、瞬時に相手側の口座に入金されるというものです。

友達や親子なんかの間でお金をやりとりする時でも、24時間使えるので便利ですし、このSwishは、友達や親子間だけでなく、とにかく、電話番号を入力するだけで支払い先が表示されて使えるので…

例えばお店のカード機が使えない時には「この番号にSwishしてください!」という案内がレジに表示されたりします。
もちろん、例の野外市場でも、カード読み取り機を持ってない店なんかでもSwish払いが出来ます。

だから、現金を使わなくても買い物や支払いはどこでもできますし、

よくあるのは、ライブハウスなんかで演奏するミュージシャンやグループなんかが、ハウスからギャラをもらう代わりに、観客に電話番号を見せて、「ここにSwishしてください!」と知らせて、ギャラの代わりにするということが出来るってわけです。

なので、ライブハウスとしてはギャラを支払わなくても済むし、ミュージシャン側にしても意外に多く稼げたり、もしかしたらちょっとした税金対策にもなるので便利ですね。

そんなわけで、最近は昔どこにでもあったATMも最近は少なくなったし、また残っているATMでも入金の機能がないものが多いので、ますますキャッシュレスの傾向は強くなっていますね。

それと、最近気がついたことなんですけど…

2015年に12年ぶりにこっちに戻って来た時は、街頭や店舗の入口とか道路脇、また地下鉄の車内とかに、いわゆる物乞いの姿が多くてびっくりしたもんです。

EU圏内の住民はビザがなくても自由に行き来出来るため、そういった人たちも裕福な国に来て「稼ごう」とするのは、ある意味当然なんでしょうけどね。

それで、僕が帰ってきた当時は「物乞い排斥」的な動きもあったんですけど、最近はそういう声もあまり聞かれなくなりました。
だって…現金が使えないんなら、施す人も少なくなりますよね…。

稼げなくなれば、そのうちどこか現金が稼げる国に行ってしまうんじゃないかと思っていましたけど、そういえば、最近はそういう姿もだんだん少なくなってきたような気がします。
良いことかどうかは別として…。

とにかく、

今のスウェーデンは、「財布がなくても良い」国になっているので、観光に来られる時は、カードだけは忘れないようにしてくださいね!