ジョイクや吟遊詩人、そしてオペラやロック!

サーメ人とジョイク

スカンジナビア半島の北部には、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドの3国にまたがって、サーメ人という、主にトナカイの遊牧や狩猟などを生計としてきた少数民族が住んでいます。

トナカイを集めるために唄うジョイクも、広大な大原野の中にたった一人でいる時には、大自然の中に自分の存在を示す歌声でもあり、また時には、自然に対峙する孤独さを癒してくれるものに違いありません。

このサーメ人、以前にはラップ人と呼ばれたこの遊牧民は、ジョイクと呼ばれる独特の節回しを持つ歌を唄います。サーメ人が暮らすラップランドは文字通りの大原野で、時には一人でトナカイの大群を集める作業をすることも多いものです。

そんな時にサーメ人はそのジョイクを唄うのですが、その節回しはそれぞれ独自のもので、誰一人として同じ節回しをするものがいません。
つまり合唱はできない性質の歌でもあります。

タンゴの国、フィンランド

フィンランドは、まさしく「タンゴの国」と呼ばれるのが相応しいほどタンゴが盛んであるばかりか、タンゴの持つ哀愁と熱情は、フィンランド人をして自分のアイデンティティーを感じさせるほど、心の中に入り込んでいます。

いわゆる歌謡曲というジャンルは、呼び方こそいろいろ違っても、おそらく世界中の国々にそれぞれあるものでしょうが、例えば日本の演歌にあたるものがフィンランドではタンゴであるといっても過言ではありません。

フィンランドにはまた、昔、いわゆるジプシーと呼ばれるローマンという人たちがスウェーデンを追われて住みつき、今では彼ら自身の言葉を話せる人がほとんどいないほどフィンランド語に同化されていますが、それでも服装や慣習は頑固として変えないという形で暮らしています。

彼らは、例えばスペインやハンガリーなどでも聞かれるように独特の音楽文化を持っていますが、フィンランドではもっとフィンランドの音楽文化に影響を与えているようでもあります。

フィンランドの歌謡曲は、きっと中央アジア的で元々哀愁を帯びた調子が多いのかもしれませんが、ともあれタンゴやジプシー音楽の影響を受けて、ある意味では日本的な哀愁を感じさせる短調のものが多いです。

北欧神話とスウェーデン

それに比べてスウェーデン人は、他のデンマークやノルウェーと同じように、人種や言語、また文化的には北方ゲルマン系です。

北海に浮かぶアイスランドは、初期のバイキング時代にノルウェーのバイキングの植民地として開拓されました。

これら北方ゲルマンの人々は、キリスト教が浸透するまでは北欧神話の世界に生きていて、オーデンやトール、フレイなどの神々が登場するこの神話の世界では、自然界のあちこちに妖精が住み、様々な祭りをも生み出しました。

クリスマスの祭典はもちろんイエスの誕生を祝うものですが、今でも続くクリマスの伝統には、ちょうどその時期にその年の収穫を祝ったバイキングのジュール祭りの影響が強く残っています。

現在でも行われるスウェーデンの夏至祭りはバイキング時代からの名残を残していますが、祭りには歌や踊りがつきものです。
そして、この夏至祭りや4月30日に祝う春祭りに唄われる歌は、フィンランドの哀愁のある調子とは違って、そのほとんどは軽やかで爽快な感じの長調のものです。

そういえば、ドイツの子守唄なども長調のものが多いですが、これもゲルマン民族の性格を反映しているのでしょうか・・・。

北欧には、もちろん暗く長い冬の期間もあるし自然との厳しい生活もあり、もちろん哀愁のある短調の曲も聞かれますが、どちらかというとそれらの明るい感じの歌が多いです。

スウェーデンの民俗音楽

特に夏の期間は、全国でそれぞれの地方の民族衣装で着飾ったグループが、アコーディオンやバイオリン、ギターやキーハープと呼ばれる民族楽器で演奏をし、これまた民族衣装をまとって唄い踊ります。

スウェーデン人は、また詩をよく好みます。
何かのパーティーや大勢での食事の席では、誰となく詩を披露することが多いのですが、昔はきっと吟遊詩人という人たちも大勢いたに違いありません。

吟遊詩人

詩人といえば、18世紀にはカール・ミカエル・ベルマンという、今ではスウェーデン民衆音楽の聖人とまでなった詩人・作曲家がいました。


彼は、若い頃銀行に勤務していましたが、借金をしては飲んだくれの生活を繰り返し、国を逃れてノルウェーで暮らすなど放浪の後に、詩や作曲の才能を買われて王室に雇われるほどにもなりました。

ヨーロッパには、古くからそういう自分の伴奏で弾き語りをする「トルバドール」という芸能人がいましたが、スウェーデンでも、特にベルマンの後は続々とトルバドールが現れ、ベルマンの曲は今日までも歌い続けられています。

トルバドールは、酒場やパーティーの席でギターを抱えて歌うことが多いのですが、その他にもいろいろな集会や、時にはコンサートなどでも演奏することがあります。

近代にはまた、エバ・トーブという天才が現れました。

1910年に船乗りとしてアルゼンチンに渡った彼は、その後スウェーデンに戻ってから自作の曲を数多く発表しましたが、そのほとんどはアルゼンチンや南米風のもので、それはまたその後のスウェーデンの音楽や民衆芸能にも大きな影響を与えました。

ベルマンがトルバドールの聖人とすれば、エバ・トーブは王様です。何かの集まりに大勢で歌うときなどは、必ずといっていいほど彼らの曲のいくつかは聞かれるものです。

昔のトルバドールは、ギターよりも古いリュートや、スウェーデン独特のオートハープやキーハープと呼ばれる弦楽器を使っていました。

現代ではそれがギターになるのですが、トルバドールの伝統は広く伝わっているためもあって、ギターを弾ける人の数はこれまた多いです。

王立オペラ劇場

さて、クラシックの世界はどうかというと、ストックホルムには王立のオペラ劇場がある他、大きな都市にはオペラ劇場があり、ヨーロッパではオペラの盛んな国の一つに挙げられています。

文化的にフランスの影響が強かった18世紀に、国王のグスタフ3世は、当時オペラ界に君臨していたドイツやイタリア風のオペラというものをスウェーデン風にするため、スウェーデンの作曲家の作品を多く取り上げ、1782年には最初の王立オペラ劇場が建てられました。

そこでは多くのオペラやバレーの公演が行われましたが、オペラ劇場が華々しくオープンしてからちょうど10年後の1792年に、オペラ劇場での舞踏会でグスタフ3世が暗殺される事件がありました。

グスタフ王朝の様式を持ったオペラ劇場は、その後約100年にわたり、スウェーデンの音楽界やバレー界の神殿として残りましたが、1898年に当時の国王オスカー2世はオペラ劇場そのものもオスカー王朝風にするため、現在も使われているオペラ劇場が新しく再建されました。

その後スウェーデンのオペラ界は、ビルギッタ・ニールソンやジョッスィ・ビョーリングはじめ、世界的にも著名なオペラ歌手を生み出しています。

ところで、この王立オペラ劇場を創設した国王グスタフ3世は、その後のスウェーデンの文化の発展に多大な貢献をした国王でもあります。

王立アカデミーをはじめ、王立芸術大学、王立音楽大学、王立理工大学も創設したほか、王立図書館や数々の文化的な資産を残しています。

王立音楽大学は、世界で最も古い音楽大学の一つであり、またスウェーデンでは最大で最も権威高い音楽大学ですが、オペラ劇場の存在も、クラシック音楽界の要としてその意味は非常に大きいものがあります。

ロック、ポップ音楽

1990年代の統計で恐縮ですが、スウェーデンでは当時の人口約880万のうち、実に4%にあたる35万人もがロック音楽の活動をしていました。

ロック音楽は今や世界中に広がっているとはいえ、この数字はユニークで、スウェーデンがロック王国と呼ばれるのに相応しいことを示しています。

これまた随分昔になりますが、日本にポップ音楽というジャンルがテレビを通して盛んになった頃、「スプートニック」という、エレキギターの演奏グループがありました。
今でも日本公演を行っている有名な「ベンチャーズ」と同時期の世代です。

「スプートニック」は、当時スウェーデンで電気屋さんに勤めていた若者が作ったバンドでしたが、日本で成功したことでその後本格的なプロになったといいます。

その後スウェーデンからは、70年代の「ABBA」をはじめ、「ヨーロップ」や「ロクセット」、「カーディガンズ」や「ヘリコプターズ」などのロックバンドが世界に飛び出し、日本では「スウェーデンポップ」という特別のジャンルにさえなっているほどです。

それほどロックやポップのグループが多い国でありながら、人口の少ないスウェーデンでは多くのミュージシャンは音楽で生計を立てるということは容易なことではなく、ほとんどは他に仕事を持ちながらのセミ・プロに甘んじなければいけません。

地域に根付くダンス音楽

そんな中でも、ダンス場で演奏するダンス音楽グループだけは別です。
スウェーデンには、おそらく100を越えるダンス音楽グループがあり、年の半分以上の日数は全国のダンス場を回っていますが、ダンス音楽のバンドマンはそれだけで生活ができるほど、ダンスの場が多いです。

大きな都市にはいくつものダンス場がありますが、どこの地方都市でも中心となるホテルでは週末にダンスが行われ、もっと小さな集落でも、森の中や湖に面したダンスや集会の場を持っているところが多いものです。

そこで演奏されるものは、スウェーデン風の歌謡曲や地方の民謡などが勿論多いですが、中にはジャズのスタンダードを演奏するグループも多いし、その幅は非常に広いです。

このように、スウェーデン人の生活の中で音楽というものは、バイキング時代の名残を残す民俗音楽や吟遊詩人の歌、クラシックからジャズやロックまでも含めて幅広く、またそれは祭りや人との出会いの場あるいは余暇など、暮らしのいろいろな場面で様々な形で存在し、さらに近年になっては外国からの移民が多いこともあって、そのあり方も益々多様になってきています。

それほど音楽的にも多様で深い歴史を持つスウェーデンでも、例えば50年~60年前まで、つまり世界大戦が終わってすぐ後の頃までの学校教育では、音楽の時間といえば賛美歌の唱歌をすることに限られていて、しかも全学年を通じて同じ教師が音楽を担当していたという事実もありました。

先進的なジャズ音楽

その音楽教育の内容が変わったのは50年代にあった教育改革以降で、その後1977年には王立音楽大学において初めてジャズ・アフロアメリカン音楽が教科として採用されるなど新しいものをどんどん採り入れるようになり、スウェーデンのジャズ・ポップ音楽というものも、著しい発展を見るようになりました。

戦後、幼稚園や小学校などでダルクローズ教育法=リトミックが広範囲に取り入れられ、今では何処の幼稚園でも、リトミックという名前さえ付けられずに自然な形で行われていますが、それはまた、その後の音楽教育や音楽療法のあり方にも大きな影響を与えたということで、非常に大きな意味がありました。

このように、スウェーデンではバイキング時代から、音楽は人々の心を慰め、時には鼓舞をしながらその後多様化され、現代のスウェーデン人の社会で人々の生きる糧になっています。

スウェーデンの医療制度について

ユニバーサルヘルスケアとスウェーデンの仕組み

その国の基本的な保健ケア制度、日本でも 1961 年に導入された国⺠皆保険などは一般的にユニバーサルヘルスケアと呼ばれていますが、スウェーデンは 1955 年に制度化されています。

ユニバーサルヘルスケアは、世界的には現在スウェーデンやヨーロッパ諸国、また日本も含め世界の約60カ国で制定されており、アメリカでは現在オバマケアが進行中です。

現在の世界のユニーバーサルヘルスケア制度の多くは、第二次世界大戦以降の医療制度改革によって生まれたもので、すべての国が署名した国連の世界人権宣言(1948 年)の第2502章において、すべての人が利用できなければならないとされています。

国連の人権宣言:

『第二十五条 1. すべての人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設等により、自己及び家族の健康及および福祉に十分な生活水準を保持する権利並びに失業、疾病、心身障害、配偶 者の死亡、老齢その他不可抗力による生活不能の場合は、保障を受ける権利を有する。』

スウェーデンでは、1980 年に制定された社会サービス法によって、医療ケアは、国、ランスティング(県自治体)、コミューン(地域自治体=市町村)の 3 つの行政機関の中で、県自治体がその責任を負い、管轄することになっています。

つまり、

国は法制度の制定、確立と監査の責任、医療ケアは県自治体、そして社会ケア (日本でいうところの福祉)は地域の自治体にその責任があるというように分割されています。

その上で、医療ケアは社会ケアと細かい連携をとって、治療やケア、また社会的なサービスを提供しています。

国はまた、県自治体や地域自治体の健全なサービスの提供を保証するために、社会庁(Socialstyrelse)が定期的な現場の監査を行っています。

・国(政府)= 政策、診療ガイドラインの制定、保険医療の課題を決定。

・社会庁 = 政府の定めた目標に従って県や地域自治体レベルの行政を
監督し、認可、許諾、サービス評価などを行う。

・県自治体(ランスティング)= 財政(歳出の約 91%は医療関連)、
および病院管理など医療サービス提供の責務と管理。

・地域自治体(コミューン)= 水道・社会福祉などの市⺠サービスの
他、障害者や高齢者の退院後ケアや精神疾患者の⻑期ケアなどの提供の責務。

公共部門と⺠営化について

スウェーデンでは、医療や福祉を管轄しているのは行政で、実施する病院や医療機関、また施設の運営などはそのほとんどが公共で行われてきましたが、医療や福祉のサービスが充実してくるに従って公共部門が肥大化し、非効率にもなってきました。

行政も官僚化して意思決定に時間がかかるという問題もありますし、医療の分野でも待ち時間の⻑さや、病院内のシステム構造や病院側と患者間の課題も出てきました。

また、1980 年代からの世界的な経済の停滞もスウェーデンの財政に影響を及ぼし、さらに特に福祉分野でのサービスの向上にしたがって歳出も増大してきました。

そのため、NPM(New Public Management)という、行政運営の非効率化を改め⺠間企業の経営原理や経営手法を取り入れた新しい行政管理論への議論が進み、市場メカニズムを可能な限り活用するという、現場の⺠営化を進める地域が出てきました。

90 年代に入ると、県自治体が管轄している病院やクリニック、薬局なども⺠営化されるようになり、患者がサービスを選択できるシステムも出来てきました。

現在では、教育分野の学校や保育園、福祉(社会ケア)では高齢者ケアや障害者ケアの分野でも⺠営化が進んでいますし、医療の分野では病院やクリニック、薬局や地域の医療センターや訪問看護の分野でも⺠営で運営されているところがたくさんあります。

⺠営と入札制度

公共の病院や医療サービス、また高齢者や障害者のケアの分野で⺠営化する場合、日本のように資産や責任、サービスの料金体系なども含めて⺠営に委ねるのではなく、スウェーデンの場合は あくまで運営を⺠営化するということで、サービスの責任や管轄は自治体が担っています。

つまり、利益追求型の⺠営化ではなく組織の⺠営化で、その目的はユーザーの選択範囲を広げることや、効果的なサービスの提供ということが挙げられます。

また、⺠営化の形としては、自治体が株式会社や協同組合、あるいは職員の団体などに対して入札を行い、サービスをいかに安くまた効果的に運営するかを基準として、自治体の要望に最も適している団体にその運営を委託するというものです。

そのため、サービスの料金は⺠営事業だから安いということではなく、自己負担額も同様で、価格競争ということはありません。

医療ケアの場合、例えは地域によって決められたかかりつけ医師による受診ではなく、医師や医療機関を選択できるようになり、⺠間の医療保険にも加入者が増えてきました。

当然、⺠営化の流れによって⺠間のクリニックも数多く生まれてきて、そこでは⺠間保険に加入するユーザーはすぐに受診が出来ますし、また公的なクリニックでは出来ない最先端の治療を受けることも出来ます。

しかし、

スウェーデンでは、現在この⺠営化が全国的に進んではいますが、サービスを提供する県自治体や地域自治体ではそれぞれの地域で住⺠のニーズや要望も違い、また、⺠営化に反対する意見も数多く、様々な分野で現在も議論が続いています。

実際に病気になったら…

まず、病気になった場合の「一般的」な概要について…。

病気や怪我で仕事を休む場合、休んだ2日目から2週間は、給料の80%が雇い主から支給されます。

また15日以降は、社会保険庁から「疾病手当」が、給料の約75%支給されます。

失業者、自営業者など雇い主がいない場合は、2日目から「疾病手当」が支給されます。

なお、8日目以降は医師の診断書が必要となりますし、疾病手当は最長364日間支給され、さらに、それ以降も職場復帰ができない場合は、医師の診断書をもとに最長550日間まで延長することができます。

受診料は県自治体によって異なりますが、ストックホルムの場合、

地域の医療センターの医師の受診料は、200クローナ(約2,400円)
専門医は350クローナ(約4,200円)
救急外来は400クローナ(約4,800円)
看護師は100クローナ(約1,200円)となっています。

また、入院の場合は、1日当たり80クローナ(約960円円)です。

年間の自己負担額には上限が設けられ、外来治療は900クローナ(約10,800円)、

医薬品は2,000クローナ(約24,000円)を超えると、それ以上は無料になります。

また、18歳未満の医療費は無料です。

地域での医療と医療センター

スウェーデンでは、住民の多い地域や中心になる地域には、「Vårdcentral=医療センター」があり、住民の生活と密接に繋がっています。

通常、何か具合が悪い場合には、最初に地区の医療センター(日本の保健所に相当)に行くのが一般的です。

最近では、ドロップ・イン(予約なしの直接訪問)は廃止され、電話で事前に予約しないと時間がとれないようになりましたが、電話で担当の看護師が、「その程度だったら暖かくして寝て、少し様子をみなさい」と指示されることもあります。

医師の診療は予約制ですが、看護師には順番待ち覚悟で行けば、直接すぐ会ってもらえることもあります。

医師の診断を受け、さらなる専門的医療が必要だと診断された場合、その医師の紹介状が県立病院か専門医クリニックに送られ、それらの医療機関から来院日時の連絡が来ます。

より重症な症状の場合は、全国に7つある大学病院に送られます。
また救急の場合は、それぞれの地域にある緊急指定病院か大学病院へ直接運ばれます。

医療センター(Vårdcentral)とは?

病院による医療に対して、地域医療は1次医療体制の中核として、各コミューンに設置された医療センター(Vårdcentral)に勤務する地区医師(Distriktläkare)と地区看護師(Distriktsjukköterska)が中心となって運営しています。

医療センターは全国に約2,000箇所設置されていて、各医療地域の特性によってその構成や機能をいろいろ変えて適応しています。

平均的な人員構成は、住民12,000人当たり地区医師4名、研修医数名、地区看護師8名、受付看護師数名、数名の准看護、また地域によっては臨床検査技師、理学療法士、栄養士、心理療法士などを含んでいます。

スウェーデンの地域医療の歴史は古く、1790年には現在の地区医師とほぼ同じ任務を持つ「地方医師「provinceläkare」という制度がありました。

この地方医師は住民の病を治療するだけではなく、その地域の風土や水質を調査し疫病を未然に予防するために健康診断を行い、住民に健康上の助言をすることも義務とされていました。

現在の地域医療は1970年代に整備された一般医学思想に基づく1次医療体制がその主体で、WHOの健康の定義である「心身、社会的に良好な状態にあることを意味し、単に疫病やハンディキャップのないことを言うのではない。」とあるのに対応した4つの任務、

つまり、⒈)住民の診療、⒉)リハビリテーション、⒊)心身の痛みの緩和、⒋)疫病の予防を目指しています。

地区医師の仕事は、⒈)外来診療、⒉)家庭訪問診療、⒊)児童保護センター医師・学校医師としての診療、⒋)高齢者施設の巡回診療、⒌)住民の定期検診、⒍)医療センター責任者としての管理業務・職員教育・自治体政策委員会に対する医学的助言、⒎)地域医療改善研究業務など、多岐にわたっています。

地区看護師は、家庭の訪問看護を行うかたわら、地区医療センターで治療看護に従事しています。

地区医療看護師はスウェーデンの医療職制の中では助産師と並んで独立性の高い職種で、地区看護師の重要な職務は家庭訪問看護です。

このように、住民の生活に密着して疫病の予防にも尽くしている地域は、地域での医療費軽減に役立っているのみならず、地域住民の死亡率減少にも貢献しています。