今年の夏至祭りとコロナ禍…

今年2020年の夏祭りは、19日の金曜日が夏至祭りイブ、そして今日の20日が夏至祭りです。

夏至祭りについては昨年の記事「夏至祭り、そしてセメスター(休暇)!!」でお伝えしたのでここでは詳しくは省きますけど…(読みたい方は↑をクリックしてください)

要は、スウェーデンではクリスマスの次に大事な…というか、暗くて長い冬が終わって、白夜のど真ん中の時期なので、とにかくみんなが待ち望んでいる「お祭り」なんです。

お祭りといっても、行事としてあるのは例の「柱=ポール」を立てて、その周りで歌ったり踊ったりするのが夏至祭りイブの儀式みたいなもので、あとはスウェーデン独特のバイキング式の料理を食べたり飲んだり…というもの、それと…、とにかくみんな遅くまで起きていますね。

僕の住んでるところは移民が多いので有名な地域なんですが、それでも児童公園なんかでは子供たちの声が夜の11時頃まで響いて、夜中の3時過ぎでも住民の声や音楽なんかも聞こえます。

白夜ですから、ストックホルム地域では夜の10時頃が日の入りで…朝の3時半頃には日の出になるんですけど、その間も北の空は明るいので星は見えないし、「暗くなったな…」と思っていたら朝になるという具合で、真っ暗にはなりません。

こんな時には、カモメや他の鳥も刺激されるのか、まぁ、人声や音楽に加わって鳥の鳴き声と、とにかく賑やかです。

日本でも、「スウェーデン村」がある札幌近郊ではスウェーデン風の夏至祭りがあるんですが、今年は「コロナ禍」で中止になったとか…。

スウェーデンといえば、みなさんニュースなんかでご存知とは思うけど、ロックダウンをしない国とか、それでも感染者数や死亡者数は世界の中でも多いとか、そして、それにもかかわらず、スウェーデン式の対応を「頑固」に維持していることで知られてますよね。

確かに、スウェーデンのコロナ状況は他のスカンジナビア諸国とかヨーロッパの他の国々と比べても、人口比率にすると多いというのは事実です。

今は、ヨーロッパの国々の間では観光客を受け入れる状況になってきていますけど、スウェーデンは隣のフィンランドやノルウェーからも「お断り」されているくらいですから…。

そんな中での「夏至祭り」なんですが、こればかりはいくらコロナ禍といっても中止になるわけがありません。

夏至祭りっていうのは、単なる「お祭り」じゃないんですよ。
暮らしていく上で、というか生きてる中での、一つの節目ですから…
言ってみれば、日本の正月やお盆のようなものだと思いますね。

なので、今年は地域によって「柱は立てるけど、その周りでのダンスはやめて庭でご馳走を食べましょう!」とか、中には柱を立てることも「今年はやめます」みたいなところもあるようですけど…

でも、夏至祭りを祝うこと自体を中止するなんてことは、まずありません。

だって、家族の中でご馳走を食べたり、外で祝うなんてことは人それぞれですから、それさえも中止ということはあり得ないことです。

スウェーデンの「コロナ禍」の中では、やはり高齢者住宅や病院に住む、特に持病を持っている高齢者の死亡率が高いことは、みなさんご存知の通りです。

でも、そういう高齢者住宅でも病院でも、どこかで何かの形で「夏至祭り」を迎えて、それなりに祝っていることでしょう。

「God Jul=メリー・クリスマス」と「Glad midsommar=ハッピー・ミッドサマー」は、スウェーデン人にとって神聖な言葉ですから…。

それにしても…

スウェーデンで、コロナ禍による高齢者、特に高齢者住宅に住む高齢老人者の死亡率が高いことには、心が痛みます。

スウェーデンではコロナ対策としての規制は他の国に比べても緩やかですが、それでも高齢者住宅への訪問は今のところ禁止されていますし、一般でも、70歳上の高齢者には自宅での自粛や、スーパーなんかでも買い物はなるべく早朝の時間にするように勧めています。

実際、スウェーデンのコロナウイルスによる死亡者の8割は高齢者であることから考えると、高齢者住宅でのクラスター感染が圧倒的で、これも有名になったスウェーデンの感染対策の責任者であるアンダッシュ・テグネール博士に「反省することもある」と言わせた理由でもあるでしょう。

日本でスウェーデン関連のニュースを目にすると、とかく「スウェーデンでは、医療崩壊を防ぐために高齢者が犠牲になっている」とか、「スウェーデンでは、財政上の問題で半意識的に高齢者に死亡者が多いのを黙認している」的な論調が多いようですけど…

これは、真実とは違いますね。

スウェーデンの高齢者というと、独り者の高齢者はもちろんいるだろうけど、多くはその家族がいるもんです。

その家族が「私たちのために、高齢者が犠牲になっても仕方がない」などと思っているとは、今の時代では考えられません。

第一、若い世代の人でも、「やがては自分も高齢者になる」なんてことはみんな知っていますし、「自分が高齢者になった時に、社会はそう見るだろう」などと考えながらコロナ対策を練ったり実践しているわけがないでしょう。

もちろん、

「反省している」という言葉だけでは、亡くなった方や親族から見ると許されない言葉に聞こえるかもしれませんが、実は、これにはいろんな意味があります。

彼には「その要因」というものに深く入れない事情もあるし、またその要因は彼の責任や権限を問われるものではない、…と僕は思っています。

つまりは、これにはスウェーデンの高齢者医療の性格や、財政や移民対策といった問題が含まれているということですね。

「なぜ、高齢者住宅での死亡率が高いか?」という問いについては、コロナ対策以前の、構造的な「リソース不足」を考えなくてはなりません。

この場合のリソース不足とは、財政的な問題と人員不足です。

一般的に、スウェーデンでも病院や介護ケアの介護員のステイタスは、「仕事は厳しい上に、給料が安い」ということで低く、介護スタッフの多くは移民などの職員が多いことで知られています。

「皿洗いと清掃業」それに「介護スタッフ」というのは、昔から移民が請け負わされていた定番のようなもので、それは今でも変わっていません。

海外からの移民は、当然ながら生活習慣も違うので、スウェーデン人のように成人すると家族が別々に生活するのではなく、祖父母、親子の3世代が一緒に生活する家庭も多く、また同国人同士が密接に付き合うということが普通に行われています。

つまり、コロナウイルスに感染する可能性は一般のスウェーデン人家庭に比べて多いことが一つと、加えて、病院や施設の介護員には非常勤の職員が多く、複数の病院や施設で勤務する場合が多いことが挙げられます。

高齢者住宅においてクラスターが発生する要因の中には、このように介護スタッフの現状が影響していることも挙げられるでしょうが…

しかし一般的には、このような指摘をすると、ともすれば「反移民的」という批判を受けることにもなりかねないので、公には議論もされません。

これらは財政上の問題でもあり、また移民政策の問題が絡んでいるので、単に医療的な新型コロナ感染の対応だけでは解決できない問題です。

もう一つ、スウェーデンの高齢者の医療に関して、他の国ではわかりにくいことがあります。

それは、スウェーデンでは、高齢者が認知症になったり「医療ではもう完治できない」という疾患を抱えている場合には、早い時期に「緩和ケア」で対応するということです。

緩和ケアというのは、他の国々では往々にして、単なる「終末ケア」であり、終末の時期にモルヒネなどの鎮痛剤を使うだけ…と理解されているようです。

でも、スウェーデンでは「緩和ケア」というものは、医療的に「もう医療では完治できない」と判断された時期から、つまり、終末期ではなくもっと早い時期から緩和ケアに入るということが一つ…

またもう一つは、緩和ケアというのは単なる医療の手段だけではなく、医療の倫理的・哲学的、対応策的要素があるということです。

それらは、まだ緩和ケアというものが高齢者への対応として十分に理解されていない国々…ちなみに、スウェーデンを除いたほとんどの国がそうですが…、中々理解されないことであると思います。

高齢者で、医療的にもう完治しないと判断される持病を持つ人は多いでしょう。

そして、そういう「もう完治できない」と判断された高齢者の多くは、医療的にどんな処置を取ろうとも、やがて亡くなります。

緩和ケアというのは、端的にいうと、そのような患者が亡くなる前に、「そうだ」とわかった時点で、無理に医療的に処置をして痛みや苦痛を味わい、しかも長く延命処置をするのではなく、亡くなるという事実を本人や家族も含めて容認して、出来るだけその本人が人としての尊厳を保ちながら、苦痛のない最後を迎えるようにするというものです。

こうした倫理的な考えには、もちろん異論もあるでしょう。

医療というのは、とにかく「最後まで治療する」というものが原点でなくてはならない、と考える人にとっては、なかなか受け入れがたい考え方です。

もちろん、本人も家族も、「とにかく、最後まで出来るだけ治療してもらいたい」と思うのも人情的にはわかるし、スウェーデンでもそう考える人は多いと思います。

この辺の議論は、おそらく「安楽死を認めるか否か」のように難しい倫理的な問題でしょうね。

でも…です。

スウェーデンの高齢者の対応や医療の仕組みの中には、その「緩和ケア」というものが今は主流になっているので、持病を持ち存命が危ういというような高齢者がコロナウイルスに感染すると、すぐに病院での治療をするのではなく、緩和ケア病院に移されるか、あるいは施設で緩和ケアに基づいた対応をとる…ということですね。

つまり、持病を持った高齢者がコロナウイルスに感染して症状が出ると、亡くなる率が高いということです。

まぁ、いろいろあるんですが…

スウェーデンに在住していて、しかも自分も高齢者という範疇に属する身としてはいろいろ考えるところもありますけど…

とにかく、夏至祭りを迎えて…普段とはそう変わらない生活をしている周りの空気を感じながら、やっぱり自宅自粛をして様子を見るというのが無難だな…と、まぁ、僕なりの夏至祭りを楽しんでいます。

スウェーデンのコロナ感染対策と「国民の信頼」、そして「教育」について!

この記事を書いている2020年5月16日現在、新型コロナウイルスは世界中でまだ猛威を奮い続けていて、先が見えない状況ですね…。

そんな中で、最近日本でも話題になっているのが、他の国々のように「ロックダウン」をせずに独自の対応策政策を取り続けているスウェーデンの対応です。

曰く、「ソーシャル・ディスタンスを守りながらも、街ではカフェやレストランは営業しているし、市民は普通のように日常生活を送っている」云々です。

そして、感染者や死亡者は増えている中で、市民がスウェーデン政府の方針を理解して、その対策方針に大きな異論も出ないというスウェーデンの対応やあり方について、マスコミでもいろんなな形で取り上げられています。

そこで今回は、スウェーデンに在住し、子育てしながらで翻訳家・教師として働く久山葉子さんが、「国民」が国を信頼している理由」について綴っている記事を見つけたので、ここで紹介したいと思います。

おそらく、「何でスウェーデンでは、それが可能なの?」と思われる方も多いと思いますが、「スウェーデンならでは」のあり方について、わかりやすいように説明していますし、これを読んで「なるほど…」と納得される方も多いんじゃないでしょうか。

なお、この記事は、5/14(木) 15:05に「たまひよONLINE」で配信されたものです。

記事の全容は、https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00018258-tamahiyo-life&p=1 でご覧ください。

また、もし記事がご覧になれないようでしたら、「たまひよONLINE」のホームページからご覧になってください。

「たまひよONLINE」
https://st.benesse.ne.jp/

なお、この記事は2020年5月7日時点の情報です。

【久山葉子(クヤマヨウコ)】
1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部英文科卒業。スウェーデン在住。翻訳・現地の高校教師を務める。著書に『スウェーデンの保育園に待機児童はいない(移住して分かった子育てに優しい社会の暮らし)』を執筆、訳書にペーション『許されざる者』、マークルンド『ノーベルの遺志』、カッレントフト『冬の生贄』、ランプソス&スヴァンベリ『生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白』などがある。

コロナ禍でスウェーデン政府への「大批判」が「信頼 」に変わっていった4つの理由

by 久山葉子

コロナ初期の混乱期

前回、スウェーデンのコロナ対策は国と国民の信頼関係で成り立っていると書きましたが、今回はなぜ国民が国を信用するようになったかについて分析してみたいと思います。
新型コロナウイルスというかつてない脅威が入ってきたとき、スウェーデンでも何をどうすればいいのか意見が分かれ、正直何が正しいのかさっぱりわからないというのが皆の本音だったと思います。

この国には疫学者という専門家がいて、公衆衛生局や社会庁といった組織があります彼らはコロナほどの規模ではないもののこれまでに世界各地で発生した感染症に対応し、パンデミックに備えて知識やデータを蓄えていました。わたしは恥ずかしながらそんな備えをしてくれている人たちがいることも知らなかったのですが。彼らが大々的に登場する必要がなければないで、世界は平和だったということなのでしょう。ただ、この専門家や省庁の言うことをどこまで信用していいのか。そこもよくわからないまま、コロナは広がっていきました。
特に国民の不安が高まった時期が二度あったように思います。一度目は、三月半ば。周辺諸国が次々と国境を閉じ、義務教育課程の学校を休校にしたときです。休校はしない、と最後までスウェーデンと一緒に頑張っていたイギリスもついに脱落。休校とロックダウンに転じました。

その後、イギリスでは死者数が激増しているという恐ろしいニュースが入ってきて、スウェーデンにいるわたしたちも明日は我が身かとパニック寸前。なのにスウェーデン政府はロックダウンもしなければ、義務教育を休校にもしません。「なぜさっさとロックダウンしない! もう手遅れになる!」新聞紙面でも連日そんな批判が躍り、二千人もの学識者が連名で政府に抗議を申し入れたほどです。なんの専門知識もないわたしたち市民は、誰の言うことを信じていいのかわからず、とても不安でした。

二度目に不安が高まったのは、四月頭に死者数が百名を超えたとき。スウェーデンの人口は日本の約12分の1だと言えば、その恐怖を想像してもらえるでしょうか。そのときにも22人の研究者たちが連名で抗議の手紙を大手朝刊紙に投稿。新型コロナ対策の中心人物となっている国家主席疫学者のことを「能力に欠ける役人」とまで呼んで、政策を批判しました。22人の中には日本でも著書『「やさしさ」という技術』で知られる高名な研究者ステファン・アインホルン博士も名を連ねており、「こ、こんな偉い先生までが声高らかに批判するなんて、やはりスウェーデンはやばいのだろうか?」とわたしも不安になったものです。

しかし五月頭現在、スウェーデンは精神的にかなり落ち着いています。タブロイド紙の見出しも一時はコロナ関係のことばかりでしたが、有名人のスキャンダルや殺人事件の話題が戻ってきました。政府の支持率も三月、四月と上昇を続けています。この状態に落ち着くまでに、政府はいかにして国民の信頼を得てきたのでしょうか。

スウェーデン国民の信頼を得られた4つの理由

①記者会見
わたしが一番安心を感じたのは、情報の透明性でした。毎日14時から省庁合同記者会見が行われ、公衆衛生局から感染自体に関する情報(感染者数や死者の推移、リスクグループの分析など)、社会庁からは医療に関する情報(ICUの病床数や満床率など)、そして緊急事態庁(Myndigheten för samhällsskydd och beredskap)からもその時どきに対処が必要な分野がどうなっているかという報告があります。つまり国民は毎日、政治家ではなく、各分野の専門家や担当者の口から直接現状報告を聞くことができ、なぜこういう規制を設けているという点についても非常にクリアに説明してもらえています。この様子はYouTubeでライブ配信され、その後いつでも観ることができます。記者会見を観る時間がなくても、新聞やラジオがすぐに大事な点をまとめて配信してくれるし、日々情報をアップデートしてもらえている状態です。

記者会見の最後には、各メディアの記者からの質疑応答タイムが必ずあります。これはわたしが特に楽しみにしている部分でもあります。これまでに不安になった時期が何度かあったと書きましたが、そんなとき、わたしがまさに聞きたいことを記者さんたちが代弁してくれるのです。そしてその答えを各専門家・省庁担当者の口から聞くことができます。
例えば、本当にずっと休校にしなくて大丈夫なのかなと不安だったとき。

記者:「子どもは重症化しないということですが、学校では大人も働いています。それは大丈夫なんでしょうか」
公衆衛生局:「子どもが重症化するのは非常に稀です。それに、少しでも風邪の症状があれば大人も子どもも学校に来てはいけないことになっていますよね?(注:症状がなくなってから2日は自宅待機ルールが浸透しています)。症状のない子どもが人に感染させる確率は低いという研究結果が出ていますし、スウェーデン内で学校がクラスタになっているという報告も上がってきていません」

記者:「周辺諸国に比べてスウェーデンは死者数がかなり多いですが、なぜロックダウンしないんですか」
公衆衛生局:「ロックダウンをすると一時的には感染を抑えられるが、解除したあとにまた感染が増える危険性があります。ソーシャルディスタンスをきちんと守って生活すれば、ロックダウンしなくても感染は最低限に抑えられます」

このような定例記者会見を毎日繰り返すことで、国民の心も次第に安定してきたように思います。

②科学的根拠 に終始する
記者会見の質疑応答では、スウェーデンの政策を批判する手厳しい質問もたくさん飛び出します。そんなときも、質問された専門家や省庁担当者は言葉を濁したり、はぐらかしたりすることはありません。顔色ひとつ変えずに、科学的根拠と国が把握している情報に基づいて質問に答えます。特定の都市に関するデータについて訊かれた場合などは、「そのデータについては今暗記していないので、折り返します」と答え、翌日の記者会見でグラフになって登場するという具合です。

とりわけ顔色を変えないことで有名なのが、国家主席疫学者のアンデシュ・テグネル氏です。どんな質問にも科学的根拠を示して堂々と答える姿に、「この人がこの国でいちばんコロナに詳しいんだ。この人の言葉を信じて大丈夫だ」と思わされます。先述のとおり一時は批判も激しかったのですが、どれだけ批判されても、持論を曲げることはありません。その姿には多くの大人が感銘を受け、フェイスブック上でファンクラブができたり、顔のイラストを刺青に入れる人まで出てきました。なお、ファンクラブといってもメンバーは男性のほうが若干多い印象ですし、刺青を入れていたのも男性でした。人間として彼を尊敬しているという感じでしょうか。

③失敗は認め、すぐに対処する
スウェーデンの対応がすべてにおいて完璧だったわけではありません。どこの国も普段から弱い部分が突かれた感がありますが、スウェーデンの場合は高齢者施設で集団感染が発生してしまったこと(死亡者の三分の一に相当)、そして移民の感染者の割合が高くなってしまったことでした。それが発覚したとき、政府は大きな批判を浴びましたが、すぐに問題対処に動きました。移民の間で感染が広がったのは、多国語での情報発信が足りなかったのではと批判され、すぐにそこを強化、さらには各宗教団体とタッグを組んで取りこぼしのないように動いたのも印象的でした。

「わからないことはわからないと言い、安易な推測をしないのも潔いよね」

政府の対応をそう分析するのはスウェーデンにあるカロリンスカ大学病院で専門医として働く宮川絢子さん。

「自信があるからできること。わたしも、今なら知らないことは知らないって堂々と言えるけど、昔は言えなかった。自分の知識に自信がない人には言えないんじゃないかな」

なるほど。失敗をするかどうかではなく、失敗をどう認めるかという態度が、見ている人が安心感を抱くかどうかの境目なのかもしれません。

④ファクトチェックの精神
前回の記事で、スウェーデン人は「自分で考えて良識のある行動を取ってください」と言われたら、その意味がすっと解る、それは学校教育がそういう方針だからと書きました。政府のコロナ対応を見ていると、もうひとつ、スウェーデンの学校で普段から指導している点と重なることに気づきました。それが、どの記者会見・首相の会見でも必ず言われる「正しい情報を見極めて、情報に躍らされないようにしてください」です。

スウェーデンでは普段からKällkritik(シェルクリティーク)を大切にしています。日本語だと“ファクトチェック”と呼ばれるようですが、それほど聞かない単語ですよね。最近のスウェーデンでは日常的に使われる言葉です。

試しにスウェーデン育ちの娘(12歳)に訊いてみました。

「Källkritik?知ってるに決まってるじゃん。そんなの低学年のときには習ったよ」

「自分が聞いた情報が、本当に正しいか、情報源が信頼できるものか確認することでしょ?」

インターネット上に真実・フェイクニュース・プロパガンダ・歪んだ個人的意見がごちゃまぜに流れている現代、スウェーデンの学校はことあるごとにKällkritikについて教えています。文字が読めるようになったらすぐに必要ともいえる知識。わたしたち大人のほうが、昔学校でそんな概念を習わなかったので、「今」子どもたちと一緒に習っているような状況があります。今の小学生のほうが、インターネット上に拡散されているデマを信じてはいけないというのをちゃんと習っているのです。とはいえ、実際にはその知識を超えてしまうような、見分けるのが難しい情報もありますが……。

高校レベルにもなると、高校卒業論文を書くために、使っていい文献、使ってはいけない文献についても学びますし、どんな科目でも常に先生から「Källkritik!」と注意されている感じです。日常的にも「それってちゃんとKällkritikできてる?」なんて冗談を言ったりします。
だから政府に「情報の信ぴょう性をよく確かめてください」と言われると、「ああKällkritikか」ピンとくるわけです。大事なのは科学的根拠 があるかどうか、そして一次情報かどうか。デマや煽りニュースに惑わされてはいけないと思うのです。さきほど、記者会見は自分で見なくてもメディアが報じてくれると書きましたが、それでも記者会見と新聞の見出しを比べてみると、見出しのほうがかなり煽っている印象がありました。政府に批判が集中していた時期は特に。だから新聞の見出しを鵜呑みにしなくなりましたし、自分で  記者会見を聞くようになりました。統計や報告書も、公衆衛生局やその他担当機関のHPで公開されています。自分の目と耳で一次情報を把握することがいかに大切か、わたしも今回改めて実感させられました。

「正しい」政策を曲げない姿勢が支持に

世界の中でも珍しい、独自路線をゆく政府を信用できたのは、上記のような理由からだと思います。世界では今「スウェーデンは国民を使って実験をしている」なんていう不穏な見方もされているようですが、住んでいるわたしたち自身は一時に比べるとかなり不安が解消され、気持ちも落ち着いています。大手朝刊紙DNとIpsosが共同で行った 四月半ばの世論調査によれば、今回のコロナ政策の立役者である「国家主席疫学者のアンデシュ・テグネルの能力を信頼している」と答えた人が69%、「信頼できないとした人」はわずか11%でした。同じ世論調査で、現政権社民党への支持率も現政権社民党の支持率も8政党の中でいちばん高く、2月22%→3月25%→4月29%と上昇しています(二番手のスウェーデン民主党は4月21%)。

幸いスウェーデンでは感染者数・死亡者数ともに減少傾向にあります。ただ、たとえ増加傾向だったとしても国はできるだけのことをやった。失敗は認め改善し、最善をつくしてきたと思えた気がします。
各国それぞれ条件のちがう中、それぞれの国にとっていちばんいい政策があると思います。スウェーデンでは、激しい批判や同調圧力に負けず、科学的根拠 を元に正しいとした政策を曲げなかった国の姿勢に自分もそんな人間でありたい――そう思った人が多かったようです。

(文・久山葉子)

たまひよ ONLINE編集部

以上、Yahooニュースに5月14日付で掲載された、「たまひよONLINE」の記事の紹介でした。

新型コロナウイルスについては、日本も世界も含めて今後も様々なニュースや論評が流れてくると思います。

その中でスウェーデンの対応についての情報も今後いろいろ出てくると思いますが、「スウェーデンでは、なぜそのようにするのか?実際はどうなのか?」などについては、それこそ様々な側面から考察することが実際の姿を見る上で大切になると思いますし、これからも注目していきたいと思っています。