「それ、スウェーデンだから出来るんでしょ?」というパターン!

先日、日本のあるポピュラーなIT企業の方と、ストックホルムでいろいろな分野で活躍されている若手の日本女性たちと全部で10名ほどのランチ会がありました。

「日本とスウェーデンでは、何が違うのか…何か共有できることはないか…」という趣旨の話し合いだったと、僕は理解しました。

そして、それはそれで有益な集まりでした。

で、いろんなこと、教育とかものの考え方とか、家庭での様子や仕事場のことなど、いろんな話題が出て、こちらに在住の日本人女性も、それぞれの立場からの話が出て、日本からきたその企業の人たちも、ある意味満足されたんじゃないかと思います。

それはそれで良かったし、その集いも和やかで楽しい雰囲気で…いろいろな情報の交換も出来たと思うんですが…

こうして、日本とスウェーデンの違うところとか、その違うところで、何が違うということを共有して、それをどうしていくのが良いか…などを話し合っていると…

正直…

「あ〜、またか…」と思ってしまうところがあるのと…

「だからこそ、新しい視点で…」と思うところがあります。

僕が福祉関連で初めて日本に行ったのは、今から27年前でした。

その少し前から、日本からはこちらに特に福祉関連での研修や視察旅行で来る人も増えて、こっちでいろいろ話す機会もありましたから、それを考えるとかれこれ30年も前の頃からいろいろお付き合いをさせてもらってました。

それ以来、日本の人たちとスウェーデンのことについて話して、やれノーマライゼーションだの地域福祉だの教育のことだの、どれほどの人とどのくらい話したか…

で、僕は僕で日本の友人や知人たちと共感し合ったり、「日本もスウェーデンのように福祉の質が高まると良いよね〜」なんて話し合っていたんですが…

いつも、厚い壁を感じてました。
それは、もっと広い日本の中では、結局…

「でも、それってスウェーデンだから出来るんだよね〜」
という声の中に埋もれてしまっているっていう現実です。

「やっぱり、日本とスウエーデンは違うよね…!」
「いくらメルヘンの話を聞いても、現実は現実…!」
「日本とは、文化も歴史も考え方も違うから…!」

実際、こっちで意気投合して一緒の飛行機で日本に飛ぶと、途中までは良いんですけど、シベリア上空を越え、佐渡島の上空から北陸の海岸線が見える頃になると…みんな一応に「…」となって…

そう、現実がそこに見えて来るっていうんですかね…

そりゃそうですよ!

「日本とスウェーデンと、何が違うか?」っていうと、正直数え切れないくらい違うことがあるんで、これはもう根本的に人間までもが違ってるんだって思ってしまいます。

歴史とか文化っていうけど、今見てるものが現実で、現実はとにかく見た目にも聴く耳にも違って映る。

今見る世界はビジュアルなもので、眼に映るものが現実になりますからね…

だから、「何がどう違うのか」ということを知りたくなるのは当然だし、その意味を掘り下げることは大事なんですが…

スウェーデンハンドセラピー体験日記 Day1

こんにちは、ダールマン容子です。

前回のブログでは「初めまして」の自己紹介をさせていただきました。

今日はさっそく、実際に私がスウェーデンでうけた、「タクティールマッサージ」とよばれるスウェーデンハンドセラピーの講座の様子をご紹介します。

⚫︎タクティールとは

スウェーデンで「タクティールマッサージ」と呼ばれるハンドセラピーは、1960年代、未熟児ケアの病院現場から生まれ発展してきたものです。
ラテン語で「触れる」を意味する「タクティール」の言葉が使われていることからわかるように、このマッサージは「触れる」ことから得られる効果を最大限に活かしたものです。

一般的な指圧やツボ押しマッサージのように筋肉やリンパを揉みほぐすのではなく、タクティールが注目するのは「皮膚」。
皮膚に刺激を与えることで脳内のオキシトシンの分泌を促すマッサージです。
オキシトシンは別名「幸福ホルモン」とか「快適ホルモン」といわれ、痛みの緩和や不安の軽減に効果があります。

タクティールについて詳しくはこちらをご覧ください。

⚫︎ドキドキでむかえた講座参加の朝

さて、先日お話ししたように私は介護や看護など福祉の職業経験はありませんので、この「タクティールマッサージ」の講座の日を楽しみと不安の混じった複雑な気持ちで迎えました。

「介護や看護、福祉の基礎知識や経験のない私でも、講座の内容を理解できるかな…。」
「スウェーデン語で講義を受けるなんて久しぶりだし、ついていけるのだろうか…。」
「他の参加者はどんな方たちなんだろう…。」
「えーい、あたって砕けろどうにでもなれ!」

⚫︎集合は、桟橋!

当日、朝9時ドキドキしながら指定された集合場所である桟橋へ向かいました。

集合場所には、すでに参加者とみられる5-6人のスウェーデン人の方たちが集まっています。
「こんにちは…。タクティールに参加されるんですか?」などとあいさつを交わし合っています。
皆さん初対面で、それぞれに「今日はどんな1日になるのかな」という参加へのワクワクやドキドキを口にしたりしていました。

しばらくすると、遠くの方から小さな船が近づいてきました。
その船に乗って、タクティールマッサージの講座会場へ向かいました。

会場はストックホルム市内の小さな島にある建物でした。
その小さな島にはタクティールマッサージの組織が所有する小さな建物が2-3棟あるだけ。
風が吹くとさらさらとした木の葉擦れの音がして、鳥の鳴き声が聞こえる。

さっそくなんだかいやしの雰囲気!

1700年代に建てられたという古い建物に入り、いよいよ第1日目の講座の始まりです!

⚫︎変わり種の日本人参加者

この日の参加者は私も含めて8名。先生は1名。
まずは、皆で簡単な自己紹介を行いました。
名前、職業、どうしてこのタクティールマッサージの講座に参加したのかを順番に述べていきました。
参加の皆さんはやはり介護士さんや看護士さん、理学療法士さんなど福祉関係の方ばかり…。

ただでさえスウェーデン人たちの中に一人日本人という変わり種状態の私でしたが、
「日本へ北欧の雑貨品を輸出販売する会社を経営しています」
などと自己紹介で言ったものだから、変わり種すぎて…逆に温かく仲間に入れてもらえました(笑)。

⚫︎目に見えない温かさ