ハビリテーションって、何をどうするの?

ハンディキャップということ

「元の状態に回復させる」ためのリハビリテーションではなく、「持っている機能を生かしてさらに発達させる」というハビリテーションの考え方は、障害という事について今まで私たちが持っていた概念や姿勢などについて、考え直す必要性をもたらしました。

つまり、ハビリテーションという観点から見ると、障害自体がハンディカップなのではなく、ハンディカップは、その障害を持つ状況が周りに適応しない場合に生ずるということです。

例えば、メガネやコンタクトレンズを必要とする人は、強度ではないにしろ、いわゆる視覚に障害があるわけですが、暗闇の中や眠っている間は、メガネやコンタクトレンズがなくても、もともと見ることをしないので、それが全然問題にはなりません。

また、一人で目を瞑って考え事をする時など、要するにものを見る必要がない時は、それは不自由とはなりません。

ところが、何かを見る必要がある場合には、ものが良く見えないということは不自由であり、生活をする上でハンディが生じます。
それでメガネを必要とするわけですが、メガネをかけると、「ものが良く見えない」というハンディはなくなります。

つまり、障害はハンディカップとは同義語ではないということです。

この観点が、やがては国連においてWHOの国際障害分類(ICIDH)の基盤となり、1980年の分類では機能障害→能力障害→社会的な不利=ハンディカップというように定義されるようになりました。

また、障害がハンディとならないようにするためには、障害を持つ人を周りの状況に合わそうとするのではなく、周りの状況を、障害を持つ人の条件に近づける対応が必要になるということです。

メガネになること

一般的に、メガネやコンタクトレンズを使用している人のほとんどは、自分が視覚障害を持っているということは、普段考えないでしょう。

昔はともかく、今はメガネをかけたりコンタクトレンズを使用するというのは「誰でもしている」ことで、他から見ても「あの人は視覚障害者である」という見方はされないのが普通です。

なぜかというと、つまり近視や遠視などでメガネをかけると普通に生活できますから、自分でも障害を持っているということを意識しないで済むわけです。

視覚障害に限らず、他の障害を持つ人も、何かの手段や補助があって生活に支障がなければ、障害という概念も変わってきます。

ハビリテーションを適応化していくということは、極端な例えですが、つまりは「メガネになる」とも言えるのではないでしょうか。

曜日は色で覚えれば…

ハビリテーションの具体化では、例えば駅などで車イスを使う人にはエレベーターが必要というような社会的な対応もありますが、

認知や知的な機能に障害がある人には、いろいろな概念や考え方を我々の概念や知識に近寄せようというのではなく、彼らの能力や思考に合わせていくという姿勢が必要になります。

ここで、教育的なことを考えてみましょう。

左の写真は、ストックホルム市にある重度の知的障害児の養護学校です。

手にしているものは色のついた布地ですが、実はこのそれぞれの色は曜日を意味しています。

重度の知的障害を持つ児童に曜日を教えようとしても、「月曜日」と「火曜日」は何がどう違うのか理解することが難しい場合がありますし、言葉や文字も理解できないことがほとんどです。

この場合、重度な障害ということで「ゆっくり教える」といっても、重度な知的障害を持つと、その言葉自体の概念がわかりません。

しかし、これを色で例えるとすると、色という視覚的なものはその違いが理解できます。「今日はこの色の日、次はこの色の日」ということであれば、日が違うことの概念も覚えやすくなるでしょう。

このようにして、スウェーデンの重度・知的障害児の養護学校やデイセンターなどでは、全国共通の「色のカレンダー」があります。月曜日は緑、火曜日は青・・・という具合です。

つまり、重度の知的障害児のほとんどが理解できない概念である、曜日のことばやその文字を教えようとするのではなく、要はその違いが理解できるような方法を選択するということがより重要です。

ハンディキャップということは、つまりは「自分が抱える障害自体がハンディカップなのではなく、ハンディカップは、その自分の持つ状況が周りに適応しない場合」に生ずるということだとすれば…

ハビリテーションを行うためには、

「こちら側の状況に合わせて、その人を矯正したり教育する姿勢」ではなく、「その人の状況に、こちら側の条件が合うよう」に、どのようにすればそれが可能であるかを考えること、そしてその姿勢を保つことが必要です。

スウェーデンの音楽療法(その2)パイオニアの時代

⚫︎実践者としてのパイオニア

ブリットマリー・アドルフソン

スウェーデンの音楽療法の流れの中では、1970年代は「パイオニアの時代」とも言えますが、トレーニングスクール「モカジーネン」(重度障害児の特別支援学校)の音楽活動を担当していたブリットマリー・アドルフソン(特別教育教師)は、実践者としてのパイオニアの一人です。

彼女は、特に歌とリズム楽器を使う方法で、障害児の身体協調運動(モトリーク)に働きかける音楽活動を行いました。

その手法としては、よく知られている曲を替え歌して歌いながらそれに合わせて児童がリズム楽器を演奏するというのがメインですが、演奏ができない児童にはリズム楽器に触れさせるという方法で児童の身体協調運動を促し、同時に聴覚と触覚の刺激を行うということを重視していました。

さらに、障害児の理学療法の場合には、言葉をかける代わりに歌を唄うという方法で理学療法士と一緒に機能訓練にも音楽を用いるなど、理学療法の補助的役割を担うことを広めていきました。

ブリットマリー・アドルフソンは、そのために特別な曲を使うということはせず、普段みんなが知っている曲の歌詞を替えて唄いましたが、通常の幼稚園で歌われる、いわゆる「わらべ歌」や民謡、また昔から歌われている歌謡曲、その他外国、特にアフリカの伝承曲などの替え歌を使い、みんなで遊びながら身体を使うというリトミックの方法も行いました。

彼女はまた、トレーニングスクールやその他の特別支援学校だけではなく、成人の知的障害者のデイセンターなどでも音楽活動がより広がるように積極的に音楽活動を行いましたが、障害児教育の中では「音楽療法」という言葉を、むしろ避けていたようでもありました。

それというのも、当時は「教育的音楽療法」あるいは「特別教育的音楽療法」という概念はまだ確立されていなかったので、特別教育に関わる教師の間では「療法」という概念を用いずに、「音楽活動」あるいは「音楽と身体運動」という範疇で語る方がより理解されやすいということであったと思われます。

しかし、彼女の活動は広く知れ渡っていたので、その後音楽療法というものの形が出来上がっていく上では、「教育的音楽療法」の一つのあり方として理解されるようになっていきました。

ヤンネ・ブロムクヴィスト

もう一人のパイオニアは、やはり1970年代にスウェーデンの中部にあるカテリーネホルムという町で特別支援学校の音楽教師をしていたヤンネ・ブロムクヴィストです。

彼は元々公立の普通学校の音楽教師でしたが、地域の教育委員会の障害児音楽コンサルトという職にもあり、特別支援学校での音楽の時間も担当していました。

彼は、障害児の音楽教育の基本を「音楽によるコンタクト=コミュニケーション」と捉えていて、また、1973年に出された「特別支援学校、幼稚園の音楽教育プラン」に書かれていた、「音楽は、生徒に安心感を与え、彼らが緊張から解放されて、コンタクトを取ることや物事の印象を受け入れることが出来るようになるため、療法的である。また音楽は、生徒の音に対する認知力や集中力を高め、音楽の活動は、生徒と教師、あるいは生徒同士の良い関係作りへの訓練となる。」という内容を、非常に評価していました。

そのため彼は、その音楽活動を療法として捉え、セッションの進め方を体系づけていきました。

彼の音楽セッションには、「コンタクトを取る練習」、「感覚刺激練習」、「リズムの練習」、「楽器の演奏」といった要素があり、生徒は円座になって椅子に座り、まずお互いの良い関係を作るということを目標にして、身体に触れたり、ものや楽器をお互いに回したり、その他いろいろな遊びを行うことから始めるということを推奨しました。

ヤンネ・ブロムクヴィストとブリットマリー・アドルフソンは、その後学習連盟(生涯教育)の障害者との音楽学習・音楽活動の教則本を共に出版しましたが、その中でセッションに使う曲を、「始まりの歌」、「名前の曲」、「時間の歌」、「動作の曲」、「演奏の曲」およびその他の歌などに編集して、その後の障害者との音楽活動に大きな影響を与えました。

ラッセ・イェルム

ウプサラ市にある「バーナドッテ学校」は、主に脳性麻痺による肢体不自由児の学校として、スウェーデンではハビリテーション志向のモデルになった学校ですが、やはり1970年代に、そこの音楽教育を担当していたのがラッセ・イェルム(音楽教師)です。

彼は、障害児の叩くドラムのリズムにピアノを即興的に合わせるというやり方で、肢体不自由児との音楽療法に関わりました。

彼の方法は、どちらかというとノードフ・ロビンス音楽療法との共通点がありましたが、彼は障害児の心理的・内面的な側面よりも、身体協調運動や運動における脳の動きというものに注目していました。

しかし彼は同時に、「教育的音楽療法」というものが音楽療法の範疇に入ることには疑問を持っていたようです。

ブリットマリー・アドルフソンは他の「特別教育教師」に配慮して、特別支援学校での音楽活動では「音楽療法」という言葉をあえて使いませんでしたが、ラッセ・イェルムの場合は、「教育」と「療法」というものをはっきり分けて、教育というものが治療を行うのでなければ療法とは言えないという考えを主張しました。

そのため、彼の実践でも長い間「音楽療法」とは明言せず、「補助手段としての音楽」という表現をしていましたが、やがて即興音楽によるセッションをやめて、いくつかのメロディーからなる「コード」というものを独自に考え出し、その「コード」に合わせてドラムでリズムを取ることや、ドラムを叩く姿勢やテンポを矯正することによって、脳に新しい神経組織を作り出すという、独特の理論と方法論を持つようになりました。

そして、それはやがて「Funktion inriktad Musik Terapi=FMT=脳機能回復音楽療法」として展開し、1980年代になると、それまで講師をしていた王立ストックホルム音楽大学を離れて、インゲスンド音楽大学において独自の音楽療法の教育を始めました。

⚫︎その後の流れ

これらパイオニアの活動は、その後スウェーデンの音楽療法の展開に大きな足跡を残しました。

ブリットマリー・アドルフソンの手法や理学療法士との共同作業は、その後医療における「療法における補完的手法」として、スウェーデンの「代替療法」における医療的な認知に貢献し、

またヤンネ・ブロムクヴィストの音楽セッションにおけるアプローチは、その後特に知的障害者との音楽療法のセッションの進め方に大きな影響を与えました。

そして、この二人が共著した学習連盟の教則本が出てからは、その後知的障害者との音楽活動に留まらず、特に各種の学習連盟が主催する障害者や高齢者との音楽サークルが急激に広がっていく上で大いに貢献しました。

⚫︎サークル学習としての音楽活動

スウェーデンでは早くから、国民の教育に関して普通の学校とは違う形での「学ぶ場」というものを人間教育には欠かせないものとして、国民教育という概念でいろいろな教育の場を作り出してきました。

1868年に社会人のための教育機関として国民高等学校と図書館が設置されましたが、1900年代に入ると、学校という場ではない生涯学習の場が、学習連盟という形で設置されました。

学習連盟というのは、国からの補助金によってサークル学習を運営する生涯教育の組織の総称です。

例えば、ABF(労働者教育連盟)、Vuxenskolan(成人学校)、Studiefrämjande(学習推進協会)などの大きな組織をはじめ、国から補助金を得て運営している学習連盟は10ほどあります。

学習連盟の主な教育活動は、サークル学習という形で行われます。

基本的には、学習連盟が学習のプログラムを用意して参加者を募り、各サークルのリーダーと呼ばれる学習指導員を派遣して、およそ10週間くらいの期間で学習を行うものですが、この他に、複数の個人が自主的に何かの科目を学びたいと学習連盟に申し入れて、自らリーダーを選出する場合もあります。

ちなみにですが、

1995年にスウェーデンの北部の町で、学習連盟の大手ABFの主催による「ロック音楽全国会議」という催しがありました。

その際に、当時の人口約880万人のスウェーデンで、実に35万人がロック音楽のグループに参加していて、その中の25万人がサークル学習に登録されているということが発表されました。

これはロックというジャンルだけで、クラシックやゴスペル、あるいは民族音楽など他のジャンルを合わせると、音楽だけでそれこそおびただしい数のサークルがあるということを示しています。

2003年の統計によると、スウェーデン全体の学習連盟による学習サークルは、毎年32万サークルにもおよび、260万人もの人が参加しています。

このように多様なサークル活動は、当然のように障害児や成人の、特に知的障害を持つ人の音楽活動を進める上で重要な場となりました。

デイセンターや当時まだ残っていた施設などでは、日常活動の一環として音楽活動を取り入れていきましたが、支援職員にはないスキルを持つリーダーが派遣されて、日常活動がより意味のあるものになっていったわけです。

⚫︎音楽演奏グループの誕生

1980年代には、これらの音楽サークル活動の中から、今までのように施設内で行われた音楽を外に向けて、観客の前で演奏することを目的としたグループが出てきました。

音楽療法という観点からすると、これは今までのように「部屋の中で行われたセッション」を、外に向けた活動にしたということで、ある意味画期的なことでした。

それは、「音楽療法とは何か?」ということを改めて考えるきっかけにもなり、また「ハビリテーション」というスウェーデンの医療・福祉理念の中で、「障害者の社会参画」への貢献という意味で、スウェーデンの音楽療法の概念が固まっていく過程に、少なからず影響を与えました。

1980年代に生まれた音楽グループには、リリホルメン・デイセンターの「リリホルムス・ロッケン」や、ストックホルム郊外にあるソレンテューナにあるヘグヴィーク特別支援学校での「ヘッガナ」、また、デイセンターの中の音楽グループから出発して独自のデイセンターに発展し、日本も含めて世界各地で演奏ツアーを行ったことで知られる「EKO」などがあります。