クラブEKO

 
  • フォントサイズを増やす
  • デフォルトのフォントサイズ
  • フォントサイズを減少させる

福祉フォーラム

学ぶ場としての福祉フォーラム


「みんなが地域社会の中で共生するには、何をしなくてはいけないのだろうか?」と、考えなくてはいけないことや知らなくてはいけないことなどを「学ぶ場」として、講演会やシンポジウムの形で「福祉フォーラム」が企画、実施されました。
90年代に入ると、「施設型福祉から地域福祉へ」という動きの中で、それを具体化するための多くの議論や討論が行わるようになりました。クラブEKOではスウェーデンから先駆者を日本に招いて、スウェーデンの状況や経験を日本に伝えると同時に、福祉の変革期に重要なテーマを提起していきました。

第1回目:97年2月、テーマ:「自らの生活を決める権利と、その援助」、
講師:スウェーデンFUB全国理事会会長 エライン・ヨハンソンさん
開催地:松江、大阪、神戸、札幌、川崎

第2回目:97年11月、テーマ:「本人活動と自己主張」、「施設での暮らしと、相互関与、障害の自己認知」
講師:スウェーデンFUB・本人部会会長 オーケ・ヨハンソンさん
開催地:東京、横浜、札幌、旭川、大阪など、全国10か所

第3回目:99年2月、テーマ:「スウェーデンの障害者オンブズマン」、「施設入居者の人権を考える」
講師:スウェーデン、障害者オンブズマン局調査員 ジェニー・オラウソンさん
開催地:津(三重県)、横浜、東京、大阪

第4回目:02年10月、テーマ:「家族の扶養義務制度を見直そう!」
講師:クラブEKO代表、元スウェーデン・デイセンターEKO所長 大滝昌之
開催地:栃木県足利市、和歌山県御坊市、島根県松江市、岡山県津山市、名古屋市、北九州市


 

 

オンライン状況

現在
 ゲスト 85 人
 がオンラインです