ストックホルムのオアシス、マリアトーリエット!

この間は、僕の最近のお気に入りの、ストックホルム市の南の島ソーデルマルムにあるイェーテガータンのコーヒーショップの紹介をしましたが、

今日紹介するのは、やはりソーデルマルムにある公園、マリアトーリエット(Mariatorget)です。

ここは地下鉄スルッセン駅の南方向に向けた次の駅、地下鉄マリアトーリエット駅付近の一帯です。

この駅のすぐ脇には、庶民の憩いの場でもあるマリアトーリエット公園があります。

スウェーデンもようやく本格的な夏の天気になり、週末ともなると夏の憩いの時を、多くの市民が過ごしにやって来ます。

ベンチに座って日光浴をする人の周りでは、ボールを楽しむ人もいますが…

ボールプレイをする人は、噴水の周りばかりでなく、道路でもやっていますね…

公園を背にしてマリアトーリエット駅に向かうと…

レストランやカフェの並ぶ、”Wollmar Yxkullsgatan” 「ヴォルマール・ユクスクルスガータン」という、ややこしい発音の通りに出ます。

ここは、ストックホルム市でも有数のレストランやカフェのテラスが並ぶ通り…

大きな店やこじんまりした店などいろいろですが、人それぞれ、飲み物や混み具合によって店を選んで楽しんでいます。

もちろん、赤ちゃんや子ども連れの人もいます。

外での昼食も快適ですし…

ヨーロッパの中部ではもの凄い酷暑ということですけど、スウェーデンはこのところ気温も25℃前後で、空気も乾いていて、快適な夏が続いています。

冬になると、北の方ではオーロラという楽しみがありますけど、やっぱり、こんな快適な夏は長く続いて欲しいと思うのは僕だけじゃないでしょうね!

植物性ミルクの時代!

最近の日本のネットニュースで「北欧の冷蔵庫が変わった」…などと取り上げられていましたけど…

北欧では今、牛乳の代わりに「植物性ミルク(オートミルク)」が大流行りです。

他の北欧諸国でも同じだと思いますが、ここスウェーデンでは数年前から、スーパーマーケットや飲食店では、エコなミルクが新しいスタンダードになってきました。

アーモンドや豆乳というのもありますが、何と言っても人気があるのが、オート麦から抽出されたオートミルクです。

スウェーデンでは、やっぱり環境問題に取り組む動きが大きいですが、環境とともにエコにこだわる人が増えてきているんだと思います。

北欧ではもともと乳製品は多いですし、牛乳はずっと生活に欠かせない食料品で、それは今も変わってはいませんが、

例えば、最近流行りのコーヒーショップなどでは、客の4分の1はミルクの代わりにオートミルクを選ぶそうです。

スウェーデンでは、オートミルクといえば「オートリー(OATLY)」というブランドが最も有名です。

普通のミルクとどう違うのかというと、とにかく「濃い」んですよ。

コーヒーに入れると、牛乳とは違ってもっとクリームに近い濃い味がして、コーヒーともバッチリ合います。

僕も、数ヶ月前からは、これ専門ですね。

スウェーデンでは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品ばかりではなく、特に最近はいろんな飲料が出回っていて、その種類もものすごく豊富になってきました。

僕の住んでいる地域のスーパーはそれほど大きな店ではないですけど、とにかく飲料の種類も量も豊富です。

ついでですが、ちょっとそのスーパーの店紹介しますね!

スーパーの、レジのある出口。

そのすぐ隣にある、宝くじやタバコなどのブティック。

今回は飲料だけにしますが、まず、オートミルクや植物性飲料の棚。

次が、ヨーグルト類。

ジュース類。

次は、牛乳などの乳製飲料。

そして、清涼飲料品。

…と、まぁ、「どれだけ飲むんかい?」というような種類と量ですけど、

これだけ種類が多いと、選ぶの大変ですね。

特に僕は、何かを飲んで「美味い」と思えばそればっかり選ぶ傾向があるので、

この小さなスーパーのいろんな飲み物を全部試すとなると、何年もかかるんだろうと思います。

…なんてこと考えながら、夜のコーヒーをオートミルク入りで飲んでいます!w